記事一覧

    F22M235i 3Dデザイン製インタークーラー&イマジン製チャージパイプ取り付け

ファイル 7044-1.jpg
ファイル 7044-2.jpg
ファイル 7044-3.jpg
ファイル 7044-4.jpg
ファイル 7044-5.jpg
ファイル 7044-6.jpg
ファイル 7044-7.jpg
こちらは、先日、3Dデザイン製ブースターチップⅢを取り付けしましたM235のお客様に今回は、3Dデザイン製インタークーラーとインタークーラーにつながるターボパイプのセットにて取り付けしました。インタークーラーを社外品にする場合やブーストアップしている車両には、チャージパイプの交換をお勧めしております。レスポンスアップやブースト圧の安定感は、体感出来ますので・・・あとパイプ本体の耐久性アップが一番大きな理由にもなりますね~インタークーラーは、大型化となりパワーアップ、トルクアップにもなります!3Dデザイン製インタークーラーは、車両側の加工無くボルトオンにて取り付け可能です~

    

    F82M4 M4GTSプログラムインストール

ファイル 7043-1.jpg
ファイル 7043-2.jpg
ファイル 7043-3.jpg
ファイル 7043-4.jpg
ファイル 7043-5.jpg
こちらは、当店でエンドレスMONO6GTブレーキキットを取り付けしましたFSWサーキット走行を楽しまれているM4のお客様にデモカーM4でも実証済みのエンジンオイルの油温が下がるアイテム!オイルバイパスバルブの取り付けを行いました。取り付けも簡単で即完成します。こちらは、N55エンジンと共通なのでM135やM235そしてM2にも取り付け可能です~サーキットでは、油温が10度~15度ほど下がりました。ストリートでも十分に効果は、体感出来ます・・・
ファイル 7043-6.jpg
ファイル 7043-7.jpg
そして同時に大人気のM4GTSプログラムをインストールしました。GTSプログラムは、DCTシフトスピードが速くなりサーキット走行でも有効で即戦力となるアイテムです。DSCのプログラムそしてデフのLSD制御もデーター変更となります。自分がFSWで試したときは、シフトスピードは、レースカーのように反応が速くなり10分すぎるとLSDの効きが悪くなる点も改善されていてブレーキング時の前後配分も変わった感じがしました。