記事一覧

    E90 325i arc製スタビライザー取り付け

ファイル 8614-1.jpg
ファイル 8614-2.jpg
ファイル 8614-3.jpg
ファイル 8614-4.jpg
ファイル 8614-5.jpg
ファイル 8614-6.jpg
ファイル 8614-7.jpg
ファイル 8614-8.jpg
こちらは、今月キャンペーンで大特価セール中のarc製スタビライザー前後の取り付けをE90 325iのお客様に作業しました。スタビ交換の効果は、メリット、デメリットがございます。メリットは、直進は、高速走行時の安定感がますこととコーナーにおいては、ロールが減ります。スプリングを硬くしたことと同じようにタイヤの接地感が増します。デメリットは、轍にハンドルがとられやすくなることと乗り心地が少し硬くなります。メリットの方が走りに関しては、多いですね~脚を変えたくないけどコーナリングを楽しみたいというお客様にもお勧めです~作業は、車種により困難度がことなります。サブフレームずらしたりで締め付けに重要な個所は、必ずトルクレンチを使用して作業しております。セール価格のお見積りは、メールにて受付しております。
info@bplus-bmw.com

    

    F87M2コンペティション KWリアコントロール取り付け

ファイル 8527-1.jpg
ファイル 8527-2.jpg
ファイル 8527-3.jpg
ファイル 8527-4.jpg
こちらは、昨日のブログの続編となります。M2コンペティションのお客様にリアは、KWリアコントロール2セット目の取り付けを行いました。1セット目は、先日に定番のか所の交換を行いましてリアは、ロア側は、コントロールアームは、2か所ありますので2か所目の交換を今回は、行いました。リアのロア側のコントロールアームは、2か所ありアッパー側は、形状は、異なりますが2か所あります。メインのアームを含めると片側で5アームのマルチリンクとなります。アームは、片側は、ボールジョントで片側がゴムブッシュとの組み合わせでゴムブッシュをピロボールに変更することによりリアの脚の動きが良くなりリアタイヤのグリップが向上します。交換後は、アライメント調整が必要となります。今回は、ノーマルデーターとは、異なるアライメントデーターでコーナリング重視の数値で調整しました!

    

    F87M2コンペティション Fテンションアームピロブッシュ交換

ファイル 8526-1.jpg
ファイル 8526-2.jpg
ファイル 8526-3.jpg
ファイル 8526-4.jpg
ファイル 8526-5.jpg
ファイル 8526-6.jpg
こちらは、M2からM2コンペティションにお乗り換えでアラゴスタ車高調とアクラポビッチEVOシステムを装着されました当店常連様なお客様に今回は~アシストさんのオリジナルパーツでフロントテンションアームのブッシュをピロブッシュに交換しました。同時にイマジン製タイロッドカラーの取り付けも行いました。どちらもフロントのタイヤの接地感が増してハンドリングがシャープに変化します。走行時の高負荷によるアライメント変化もへりクイックな動きに変化します~テンションアームのブッシュ交換は、圧入の専用工具が必要です・・・タイロッドのカラー取り付けは、タイロッドエンドを外すので同時にアライメント調整が必要となります。

    

    F82M4 OS製アシストオリジナルLSD 取り付け

ファイル 8498-1.jpg
ファイル 8498-2.jpg
ファイル 8498-3.jpg
ファイル 8498-4.jpg
ファイル 8498-5.jpg
ファイル 8498-6.jpg
こちらは、FSWサーキット走行Sタイヤ1分49秒台の常連様なお客様に今回は、ABSユニット修理と同時にかねてからのベスト更新計画のLSD装着の作業も同時に行いました。M4には、純正LSDが付いてますが・・・その効き具合は、サーキット走行をすればするほど物足りなさを感じます。その大きな理由は、デフについているモーターでLSDの効きを制御しているのがその一つ!そしてデフ、ミッションを破損しない過保護な制御・・・耐熱性が良くないのですかね???効きもマイルド過ぎて物足りなさどころかもどかしさの方が強いです。そんな方々には、LSD交換をお勧めします~アシストさんのところのみ販売しているOS製のLSDでTCDを装着しました。スーパーロックも取りあつかいがありますが耐久性の性能では、TCDをお勧めしております。当店デモカーM4にも装着しておりますがFSWサーキット走行で装着によりベストタイムは、1秒更新しました。当店デモカーの仕様は、アシストさんのところのデモカーと同じにしております・・・こちらのお客様にもリングギアのWPC加工を施工してSタイヤ用のセッテングで調整して組み込んでもらいました!手順としては、当店に入庫頂いて貸し出し用のデフと付け替えます。外したデフアッセンは、京都に送りまして・・・リングギアは、溶接されているので外してもらい加工屋さんでWPC加工に出して戻ってきたらアシストさんでOS製LSDを組み込んでもらい完成後に当店に届く・・・そして車両に組み付けて専用のLSDオイルを入れて慣らし走行をしてもらうという手順です!貸し出し用のデフは、DCT車用となります。MT車にも対応できる?詳細は、メールにてお問い合わせ下さい!なかなかレアなパーツで高額ですが走りは、激変します!

    

    G20 320i arcタワーバー前後取り付け

ファイル 8467-1.jpg
ファイル 8467-2.jpg
ファイル 8467-3.jpg
ファイル 8467-4.jpg
こちらは、G20のお客様にarcタワーバー前後の取り付けを行いました~当店では、まだ入庫の少ないG20ですがデモカーでオリジナルエアロパーツを装着しておりますので実車確認が可能ですよ!さてさてarcタワーバーですが前後とも加工無しで簡単に取り付けが出来ます~フロントは、なかなか付きそうでは、なかったのですが当店デモカーG20でarcさんが開発したしました~価格もリーズナブルで効果が簡単に体感出来ます~ボディ補強パーツで車体のねじれを防ぎます!

    

    F82M4 アシスト製偏芯ピロブッシュ取り付け

ファイル 8453-1.jpg
ファイル 8453-2.jpg
ファイル 8453-3.jpg
ファイル 8453-4.jpg
こちらは、先日からのカスタム作業ブログの続編です。M4でFSWサーキット走行を楽しまれております当店常連様なお客様にSPL製リアアッパーアームを取り付けして同時にリアのサブフレーム部分のアームの付け根のブッシュをアシスト製偏芯ピロブッシュに交換を行いました。偏芯ピロブッシュは、偏芯によりリアのメインアームの作動位置を変更出来ます。ローダウンによりアームがバンザイしている状態を補正出来てアームの動きを良くしてピロブッシュ化によりブッシュのよじれを無くしてサーキット走行時にコーナー進入時に狙ったとおりのラインに乗り易くなります!動きがリニアに感じますよ~
ファイル 8453-5.jpg
ファイル 8453-6.jpg
リアのSタイヤも同時に新品に交換しました。アドバン050Mコンパウンド使用にて2本交換しました。
ファイル 8453-7.jpg
ファイル 8453-8.jpg
ブレーキフルードは、エンドレスRF650にて交換を行いアライメント調整は、FSW専用オリジナルデーターで調整しました!

    

    F82M4 SPL製リアアッパーアーム取り付け

ファイル 8450-1.jpg
ファイル 8450-2.jpg
ファイル 8450-3.jpg
ファイル 8450-4.jpg
ファイル 8450-5.jpg
ファイル 8450-6.jpg
ファイル 8450-7.jpg
ファイル 8450-8.jpg
こちらは、当店常連様なお客様のM4に・・・いつもFSWサーキット走行でサポートさせて頂いているお客様です!凄いペースでタイムアップしていて あっと言う間に52秒フラットまで出てます!今回は、Sタイヤで50秒台目標ということでリアまわりのカスタムを行いました。フロントは、当店でSPL製アーム全て交換してあるのでリアもフルピロ化でコンプリートです!フロントのSPLアームによるフルピロ化は、強烈に変化してコーナリングマシーンになりますがリアもコンプリートすると凄いです・・・FSWのセクター3のタイムが激変します。今回は、アッパーアームの交換となります。ロアコントロールアームは、お馴染みのKW製×2本で交換済みなのでアッパーアーム2か所からスタートです。SPL製リアアッパーアームは、ピロボールジョイントでターバックル方式でアーム長の調整が可能となります。短くすればリアキャンバー角も調整出来て左右のセットバックも調整可能です。何よりもアーム交換によりリアの脚動きが良くなり確実にグリップが上がります!アーム長は、当店デモカーで散々走ったので秘密の黄金比で調整しております~組付けは、もちろんトルクレンチ使用です~この手のパーツは、経験豊富なショップでの取り付けをお勧め致します!続く・・・

    

    F36 420i cpm&arcタワーバーフロント取り付け

ファイル 8441-1.jpg
ファイル 8441-2.jpg
ファイル 8441-3.jpg
ファイル 8441-4.jpg
ファイル 8441-5.jpg
こちらは、当店常連様なF36 420iのお客様にボディ補強パーツcpmとフロントタワーバーは、arc製アルミを取り付けしました。cpmは、F36用ですと純正の補強プレートとボディの間に挟む形で取り付けします。装着によりリアタイヤの接地感が増して走行安定感が向上致します。フロントタワーバーは、フロントまわりのボディのよじれを抑制するボディ補強パーツとなります。コーナリング時の安定感が増します~どちらもリーズナブルな価格で取り付け時間も短くて簡単に体感が可能なカスタムパーツとなります。

    

    F30AH3 arcタワーバー取り付け

ファイル 8436-1.jpg
ファイル 8436-2.jpg
ファイル 8436-3.jpg
こちらは、初ご来店のF30AH3のお客様にarc製フロントタワーバーとフロントトップブレースのセットの取り付けを行いました。arc製品では、アルミ製とアルミの表面にカーボン繊維を巻いたカーボンタイプと2種類の設定がありまして 今回は、どちらもアルミ製品の方で取り付けしました。2点取り付けで30分程度だ完成致します~こちらの製品は、装着によりボディ剛性が上がりましてコーナリング時の車体の安定感が体感出来ます~

    

    E92 335i arcスタビ前後取り付け

ファイル 8432-1.jpg
ファイル 8432-2.jpg
ファイル 8432-3.jpg
ファイル 8432-4.jpg
ファイル 8432-5.jpg
ファイル 8432-6.jpg
ファイル 8432-7.jpg
ファイル 8432-8.jpg
こちらは、E92 335iのお客様にarc製スタビライザー前後の取り付けを行いました。スタビライザーを強化することは、サスのレートを上げる事と同じような効果がありコーナーでは、ロールが少なくなり直進では、安定感が増えます。デメリットは、タイヤが路面への追従性が上がるので轍でハンドルがとられやすくなり乗り心地も少し硬くなります。走りを楽しむには、メリットの方が多いパーツです!交換は、車種により困難な度合いが異なりますが こちらの車両の場合は、フロントは、30分程度で完成しますがリアは、サブフレームを少し落とします。アームも外して やっとスタビが外れるという感じです。サブフレームの締め付けには、当然のことながらトルクレンチ使用にて作業しております。完成後のインプレは、まさにコーナリングマシーンですよ~

    

ページ移動

リンク集:スーパーコピーブランド,グッチ服 スーパーコピー,フェンディコピー,ウブロコピー,