記事一覧

    F87M2コンペ SPL偏心ピロブッシュ取り付け

ファイル 9500-1.jpg
ファイル 9500-2.jpg
ファイル 9500-3.jpg
ファイル 9500-4.jpg
ファイル 9500-5.jpg
ファイル 9500-6.jpg
ファイル 9500-7.jpg
こちらは、当店常連様なF87M2コンペのお客様に・・・ビープラスオリジナルセッテイングモデルのアラゴスタ車高調を取り付けしているお客様です。今回は、左右のフロントのキャスターの差を調整したいとのリクエストでSPL偏心ピロブッシュを取り付けしました。以前にアシスト製品のテンションアームブッシュを付けていたので今回は、純正アーム新品を用意して純正のブッシュを外してSPL偏心ピロブッシュに入れ替えアームごとの交換を行いました。テンションアームブッシュは、一度ピロに打ち換えしたらアームの再利用は、危険です。自分のM4で恐ろしい体験をしたのでアーム再利用は、お勧めしません!SPL偏心ピロブッシュを付けたことによりフロントのキャスター角の調整が可能となり左右のセットバックもつめていくことが可能です。アラゴスタ車高調タイプSが付いているのでフロントは、キャンバー、トー、そして今回は、キャスターが調整可能となり走りのセッテングに幅が増えます!同時にオイル交換は、大好評頂いておりますビープラスオリジナルルブロス製オイルRW5-40スペックⅡにてオイル交換を行いました。

    

    メルセデスベンツW176 AMG A45 プラズマダイレクト、リジカラ、cpmロアフォースメント取り付け

ファイル 9364-1.jpg
ファイル 9364-2.jpg
ファイル 9364-3.jpg
ファイル 9364-4.jpg
E87からAMG A45にお乗り換えの当店常連様なお客様に今回は、プラズマダイレクト取り付けを行いました。プラズマダイレクトは、強化型のIGコイルとなりまして取り付けにより燃焼室内において不完全燃焼を防ぎます。パワー&トルクアップそして燃費向上が体感できます。同時にプラグ交換を行いました。
ファイル 9364-5.jpg
ファイル 9364-6.jpg
ファイル 9364-7.jpg
ファイル 9364-8.jpg
ファイル 9364-9.jpg
同時にリジカラ前後とcpmロアフォースメントの取り付けを行いました。リジカラは、サブフレームとボディの間に取り付けするカラーとなります。装着によりサブフレームとボディ結合部の遊びが無くなり走りがシャキッとします。オンザレール感覚のコーナリングとなります。cpmロアフォースメント装着よりリアタイヤの接地感が増して走行安定性が向上します!当店では、ご依頼があればBMW以外の車種の作業もお受けしております。

    

    F20M135i arc製スタビリンクロッド取り付け

ファイル 9317-1.jpg
ファイル 9317-2.jpg
ファイル 9317-3.jpg
ファイル 9317-4.jpg
ファイル 9317-5.jpg
こちらは、先ほどのF20M135iのお客様に同時にarc製スタビリンクロッドの取り付けを行いました。こちらの車両には、ビルシュタインB16車高調が付いていてローダウンされておりました。arc製スタビリンクロッドは、ローダウンによるスタビ作動位置ずれの修正をする意味で必要なパーツとなります。ターンバックル機能でリンクロッド長を変更して補正します。ピロブッシュによるリニアな動きも走りの安定感に貢献します。部品そのものの強化も期待できますが純正のリアロッドの長さのミスマッチを改善してリアの動きの突っ張り感がなくなり乗り心地が良くなる傾向が体感できます~お問い合わせの際には、装着している車高調メーカーも教えてくださいね~お問い合わせは、メールのみ受け付けしております。

    

    G20 320i cpmストラットブレース取り付け

ファイル 9285-1.jpg
ファイル 9285-2.jpg
ファイル 9285-3.jpg
ファイル 9285-4.jpg
ファイル 9285-5.jpg
ファイル 9285-6.jpg
こちらは、先日に当店でcpmロアフォースメントを取り付けしました常連様なお客様のG20 320iに今回は、cpmストラットブレースの取り付けを行いました。ロアフォースメントを取り付けしてから その走りの変化に感動して ぜひともストラットブレースもと・・・そして今回に至る次第でございます。ストラットブレースは、タワーバーのような効果もあるボディ補強パーツとなります。フロントタイヤの接地がまして安定した走りが体感できます。コーナー進入もしっかりグリップして入っていくような感じです~作りも日本製なので綺麗ですね~

    

    F22 240i arcスタビリンクロッド取り付け

ファイル 9283-1.jpg
ファイル 9283-2.jpg
ファイル 9283-3.jpg
ファイル 9283-4.jpg
ファイル 9283-5.jpg
ファイル 9283-6.jpg
ファイル 9283-7.jpg
こちらのF22M240iの初ご来店のお客様に・・・当店では、初ご来店なんですがビープラスの前職のときのお店では、E90をがっつりカスタムさせて頂いた10年越しの再会のお客様でございます!今回は、当店でarc製スタビリンクロッドをご購入、取り付けさせて頂きました~KW車高調が付いてローダウンされているのでarc製スタビリンクロッドは、有効でございます。arc製スタビリンクロッドは、ローダウンによるスタビ作動位置を補正して正規の作動位置に戻す役割がございます~車高調いれたんだけど減衰いくら調整しても脚が突っ張った感があるとか ローダウンしたらスタビが効いていないように やたらロール感が増えたとか・・・そんな時は、即交換しましょう~パーツの補強にもなりま。ターンバックルでロッドの長さ調整が可能です。リアは、純正が長すぎるので絶対必要ですよね???取り付け後は、お客様のご希望でアライメント調整を行いました。これで走りがより良い方向に向かうと思います!

    

    G20 320i cpm HYPER STYLEリミテッドエディション取り付け

ファイル 9273-1.jpg
ファイル 9273-2.jpg
ファイル 9273-3.jpg
ファイル 9273-4.jpg
ファイル 9273-5.jpg
こちらは、当店でKW車高調バージョンⅢとシュニッツアーエアロを取り付けしましたG20 320iのお客様に今回は、当社オリジナルブランドHYPER STYLEとcpmのコラボ製品を取り付けしました。cpmの既製品との違いは、見た目のみです(汗)機能は、変わらずでcpm既製品の黒いアルマイトを当社オリジナルは、赤のアルマイトで限定生産しました~HYPER STYLEロゴも入っております~こちらは、限定生産となりますので残り2台分で終了となります。価格は、据え置き価格となっております・・・装着によりリアタイヤの接地感が増しますよ~安定感も体感できます!

    

    G31 530i リジカラ前後&cpm取り付け

ファイル 9261-1.jpg
ファイル 9261-2.jpg
ファイル 9261-3.jpg
ファイル 9261-4.jpg
ファイル 9261-5.jpg
ファイル 9261-6.jpg
またまたG31 530iのお客様のカスタム作業の続編ブログです~なんで小出しにブログアップするんですか?とかネタ不足でブログ件数稼ぎじゃね?とか聞こえますが・・・実は、こちらのブログは、写真が1回に9枚までしか投稿できないので数回のブログアップとなってしまうんです(汗)すみません・・・さて本題ですが 今回のブログでは、皆様も気になっているパーツと思いますが こちらのお客様は、大人買いされたのでガンガン作業してます~まずは、cpmは、即取り付けです。リアのタイヤの接地感がまして走りが安定します~そして続いてリジカラ前後です!リジカラは、ボディとサブフレームを結合しているボルトの間に挟み込んで取り付けするカラーとなります。わずかな隙間をなくして余計な遊びがなくなるのでキチッとした車体の動きになりコーナー曲がるときもシャキッと曲がりますよ~取り付けは、少し時間がかかりますが仕事は、きっちり行います!ボルトの締め付けも規定トルクでしっかり作業してます!まだまだカスタムは、続きます~

    

    F20 116i cpmスポーツ取り付け

ファイル 9182-1.jpg
ファイル 9182-2.jpg
ファイル 9182-3.jpg
ファイル 9182-4.jpg
こちらは、F20のお客様にcpmの取り付けを行いました。cpmは、車体下回り真ん中あたりのボディ補強プレートの純正と付け替えるボディ補強パーツとなります。今回は、スポーツの方をチョイスで取り付けとなりました。作業は、純正パーツと付け替えるだけの簡単取り付けで30分程度となります。効果の方は、リアタイヤの接地感がまして走行安定性の向上が体感出来ます。

    

    F30AH3 リジカラフロント取り付け

ファイル 9154-1.jpg
ファイル 9154-2.jpg
ファイル 9154-3.jpg
ファイル 9154-4.jpg
ファイル 9154-5.jpg
ファイル 9154-6.jpg
こちらも初ご来店のお客様のF30AH3にリジカラのフロントを取り付けしました。リジカラの正式名称は、リジットカラーというそうです・・・機能は、読んで字のごとく・・・サブフレーム取り付け部とボディの隙間をカラーで埋める!作業は、サブフレームを半分落としてリジカラに付属のグリスを付けて取り付けします。サブフレームの取り付けボルト3か所にリジカラをはさみこみます。ボルト取り付け時には、トルクレンチで規定のトルクで締め付けします~サブフレームの遊びが無くなることにより車体の動きにしっかり感が出て安定した走りが可能となります。コーナーでは、無駄な動きが少なくなる体感が可能です~

    

    E92M3 OS製LSD TCD取り付け

ファイル 9083-1.jpg
ファイル 9083-2.jpg
ファイル 9083-3.jpg
こちらは、先日に当店でスーパーチャージャーキットを取り付けしましたE92M3のお客様のスロットルアクチェーターモーター×2個の交換を行いました。エンジン警告灯が点灯していてBMW専用テスターでコンピューター診断したところスロットルアクチェーターモーター1個の故障エラーが残っていて交換するならば予防で2個とも交換しましょうということで同時に2個交換を行いました。スロットルアクチェーターモーターは、E92M3には、定番の故障事例です。バンク1とバンク2があるので どちらか壊れると更に もう一つのモーターも壊れる可能性が高いのです・・・S65エンジンには、避けて通れないところですね。ちなみに1個でも高額です。
ファイル 9083-4.jpg
ファイル 9083-5.jpg
ファイル 9083-6.jpg
ファイル 9083-7.jpg
スロットルアクチェーターモーターの交換が済みましたら純正のデフを下ろして京都のアシストさんにデフ本体を送りましてOS製LSD TCDアシストオリジナルセッテイングでLSDを組み込んでもらい同時にリングギアは、WPC加工をしてもらいました。デフ本体が届きましたらデフマウントを純正品で3か所交換して組付けしてOS製専用デフオイルを注入して試走をして完成です!スーパーチャージャーのトルク半端ないです!

    

ページ移動

リンク集:スーパーコピーブランド,グッチ服 スーパーコピー,フェンディコピー,ウブロコピー,