記事一覧

    M2 KWバージョンⅢ車高調取り付け

ファイル 6309-1.jpg
ファイル 6309-2.jpg
ファイル 6309-3.jpg
ファイル 6309-4.jpg
ファイル 6309-5.jpg
ファイル 6309-6.jpg
こちらは、初ご来店のM2のお客様に
今月キャンペーンで大好評頂いておりますKWバージョンⅢ
車高調の取り付けを行いました!KWバージョンⅢは、
2WAYの減衰調整が可能で伸び側と縮み側の減衰調整が別々に可能となります。ということは、通常の1WAYタイプの車高調よりもセッテイングの幅が大きいということです~
お客様によっては、自分で減衰調整をしてみたい!と言う方もいれば 減衰調整は、お店に任せた!と言われるお客様に分かれますがどちらも経験豊富な当店にお任せあれ!現在、私もデモカーM4の3WAYのセッテングでサーキット走行を楽しんでいるので実践派なセッテングを私自信で行いますから!さてさて話は、それましたが車高も程よく落として快適走行可能なM2の出来上がりです~

    

    F82M4 KWクラブスポーツ2WAY取り付け

ファイル 6288-1.jpg
ファイル 6288-2.jpg
ファイル 6288-3.jpg
ファイル 6288-4.jpg
ファイル 6288-5.jpg
ファイル 6288-6.jpg
ファイル 6288-7.jpg
こちらは、先日にBBS RI-D19インチを購入されたばかりのVIPな常連なM4のお客様に・・・
あれ?新車納車前にKWバージョンⅢを付けたばかりなのに???
そうです!いきなり車高調の買い替えで今回は、クラブスポーツ2WAYをご購入頂きました~走るスピードレンジが高いのと硬めの減衰の脚が良いと言われたのでM4デモカー乗ってもらったら即決頂きました・・・クラブスポーツは、フロントは、ピロアッパーマウントでキャンバーつけられるメリットもあるし高速域の走りは、バージョンⅢとは、全くの別モノです・・・
2WAYなのでバンプ、リバンプとそれぞれ調整が可能でサブタンクも標準装備となります。
ファイル 6288-8.jpg
ファイル 6288-9.jpg
こちらは、プラグBBの施工を行いました~OBDポートに差し込むだけの簡単施工でロック、アンロック時にチャープ音が出るように設定出来ます~そして音色も調整可能です~

    

    F30 328i シュニッツアーサスキット取り付け

ファイル 6285-1.jpg
ファイル 6285-2.jpg
ファイル 6285-3.jpg
ファイル 6285-4.jpg
ファイル 6285-5.jpg
ファイル 6285-6.jpg
ファイル 6285-7.jpg
F30 328のお客様にシュニッツアーサスキットの取り付けを行いました!同時にアッパーマウント前後を純正品にて交換です。シュニッツアーサスキットは、ショックは、ビルシュタイン製となりますがB12とは、違う味付けで マイルドなしなやかな乗り味となります。街乗りでは、乗り心地も良く高速走行は、不思議と安定します~車高は、Mスポ車高より15mm程度のダウン量となります~今月は、キャンペーン価格にて購入可能です~

    

    F82M4 KWクラブスポーツ3WAY車高調取り付け

ファイル 6249-1.jpg
ファイル 6249-2.jpg
ファイル 6249-3.jpg
ファイル 6249-4.jpg
ファイル 6249-5.jpg
ファイル 6249-6.jpg
ファイル 6249-7.jpg
ファイル 6249-8.jpg
こちらは、先日に浜松から初ご来店頂いてHYPER STYLE製リアバンパーフリッパーを取り付けされましたM4のお客様に・・・初ご来店のときにM4デモカーのKWクラブスポーツ3WAYの試乗をして頂き即決でご注文頂きました~
その最高峰の車高調KWクラブスポーツ3WAYの取り付けを行いました!定価90万オーバーの超高級車高調です!
クラブスポーツは、その名の通り 街乗り~峠~サーキットまでオールラウンドなM4のキャラに合った車高調です。
減衰調整は、3WAYにて伸び側、縮み側ハイスピード、ロースピード調整と多彩な機能満載の車高調です。高速走行では、ショックの完成度の高さが確認出来る走りが実現出来て サーキットでは、タイムアップが簡単に出来る走りの脚となります。街乗りでは、乗り心地重視とは、言えませんが 剛性感のあるフィーリングで安定した車体の動きでアクセルを踏む気にさせますよ~
セッテイングは、当店お買い上げの場合は、永久無料です(減衰調整)よって迷うことは、ありません。当店でぜひお買い上げ下さい!今回は、ノーマルから25mmダウンにて車高調製致しました~次回は、キャリパーキットですかね???ご連絡お待ちしております!

    

    E92M3 ザックスRS-1車高調取り付け

ファイル 6226-1.jpg
ファイル 6226-2.jpg
ファイル 6226-3.jpg
ファイル 6226-4.jpg
ファイル 6226-5.jpg
ファイル 6226-6.jpg
こちらは、E92M3のお客様にザックスRS-1車高調を
取り付けしました。ザックスRS-1は、ショックのしなやかさで安定した車体の動きとコントロールしやすい乗り味の通好みの車高調となります。低速域では、しなやかさが強調されていて高速域の段差の乗り越え時のような大きな入力もショックの処理能力の高さが体でわかる車高調です!今回は、5万キロ程度の走行距離だったのでフロントアッパーマウント、リアのアッパーブッシュも新品に交換しました!F30でしたら当店のデモカーにザックスRS-1車高調が付いているのでご予約いただければ試乗が可能です!

    

    E46M3 ビルシュタインB16車高調取り付け

ファイル 6222-1.jpg
ファイル 6222-2.jpg
ファイル 6222-3.jpg
ファイル 6222-4.jpg
ファイル 6222-5.jpg
ファイル 6222-6.jpg
ファイル 6222-7.jpg
こちらは、E92 320iのマニュアルからお乗り換えの
常連様のE46M3にビルシュタインB16車高調の取り付けを行いました。ビルシュタインの旧型の車高調とピロアッパーも付いていたのですがマウントからワッシャーからスプリングシートのゴムまで全て新品に交換しました!B16は、10段階の減衰調整が可能でハンドリングがシャープになったかのようなコーナリングマシーンに変身できる車高調です~

    

    F30 328i KWバージョンⅡ

ファイル 6216-1.jpg
ファイル 6216-2.jpg
ファイル 6216-3.jpg
ファイル 6216-4.jpg
ファイル 6216-5.jpg
こちらは、埼玉県からいつもお越し頂いております
常連なお客様のF30 328iに車高調KWバージョンⅡを
取り付けしました。バージョンⅡは、伸び側の減衰が可能な
車高調となります。乗り味もしなやかで扱いやすく
高速走行の安定した走りが可能な車高調となります
今回は、車高は、低めのお任せリクエストでクールに仕上がりました!この車高でも乗り心地は、かなり良いです~

    

    E82 135iビルシュタインB12プロキット取り付け

ファイル 6214-1.jpg
ファイル 6214-2.jpg
ファイル 6214-3.jpg
ファイル 6214-4.jpg
ファイル 6214-5.jpg
ファイル 6214-6.jpg
ファイル 6214-7.jpg
ファイル 6214-8.jpg
こちらは、E82 135のお客様にビルシュタインB12
サスキットプロキットを取り付けしました
B12プロキットは、ビルシュタインB8のショックと
アイバッハ製ダウンスプリングのプロキットのパッケージ商品となります。今回は、走行距離も多めだったのでマウント3点セットも同時に交換しました。写真のとおりは、へたりでつぶれておりました。交換しない脚関連のパーツは、綺麗にしてから取り付けしております・・・ビルシュタインB12プロキットは、程よい車高の落ち具合とスポーティーな乗り味のお買い得なサスキットとなります!

    

    E89Z4 35i ビルシュタインB16車高調取り付け

ファイル 6180-1.jpg
ファイル 6180-2.jpg
ファイル 6180-3.jpg
ファイル 6180-4.jpg
ファイル 6180-5.jpg
ファイル 6180-6.jpg
こちらは、初ご来店のE89Z4 35iのお客様に
ビルシュタイン車高調B16の取り付けを行いました
同時にアッパーマウントは、純正品使用にて前後とも交換しました
B16は、10段階の減衰調整も可能な車高調となります
スポーティーな乗り味で高速走行の安定感も抜群に良い
車高調となります。車高は、ノーマル時より前後とも20mm程度ダウンにて実用範囲内で調整しました!スポーティーなZ4には、スポーティーな乗り味の車高調がお似合いで楽しめますよ~

    

    E93 335LCI ザックスRS-1車高調取り付け

ファイル 6177-1.jpg
ファイル 6177-2.jpg
ファイル 6177-3.jpg
ファイル 6177-4.jpg
ファイル 6177-5.jpg
こちらは、初ご来店のE93 335のお客様に
ザックスRS-1車高調の取り付けを行いました。
ザックス車高調は、とてもしなやかなショックの動きで
乗り心地も良く しっかりしたサスのレートで高速走行の安定感も抜群に良い車高調となります。高速の路面の継ぎ目もトンと収束が早く コーナーでは、タイヤのグリップの限界まで粘るような脚の動きでスポーティーな走りも楽しめる脚です
今回は、フロント20mmリア15mmダウンにて調整しました。

    

ページ移動