記事一覧

    F31 320i シュニッツアーサスキット取り付け

ファイル 9606-1.jpg
ファイル 9606-2.jpg
ファイル 9606-3.jpg
ファイル 9606-4.jpg
ファイル 9606-5.jpg
ファイル 9606-6.jpg
ファイル 9606-7.jpg
こちらは、当店初入庫のF31のお客様にシュニッツアーサスキットの取り付けを行いました。取り付け前に事前にご来店頂いてご相談及び社外品の車高調が付いていたので他に必要な純正部品の確認を行いました。同時にアッパーマウント前後とフロントのブーツを追加でサスキットを取り付けしました。サスキット取り付け時には、再利用する部品は、綺麗にしてからサスキット取り付けを行います。シュニッツアーサスキットは、サスキットの中では、当店で一番お勧め出来るサスキットとなります。ショックは、ビルシュタイン製では、ありますが乗り味は、B12サスキットよりもしなやかに動く脚でコーナーでも粘り安定感ある走りが可能です。車高は、Mスポーツの車高から前後とも15mm程度のローダウンとなります。

    

    F87M2コンペティション KWハイトアジャストスプリング取り付け

ファイル 9586-1.jpg
ファイル 9586-2.jpg
ファイル 9586-3.jpg
ファイル 9586-4.jpg
ファイル 9586-5.jpg
ファイル 9586-6.jpg
ファイル 9586-7.jpg
こちらは、当店初ご来店のM2コンペティションのお客様にKWハイトアジャストスプリングを取り付けしました。KWハイトアジャストスプリングは、ダウンサスの車高調機能付きのような製品です。純正のショックを使用してスプリングとアジャスターを取り付けして車高調にするキットです。作業は、純正の脚を外してフロントは、スプリングシートを入れかえてリアは、スプリングの入れ替えとなります。こちらは、KW製のバンプラバーが付属しているので純正品と入れ替えします。取り付け時には、再利用する純正部品は、綺麗にしてから組付けしております。今回は、ノーマル車高から前後とも15mm程度ローダウンしました。

    

    E92 325i 足回りリフレッシュ作業

ファイル 9533-1.jpg
ファイル 9533-2.jpg
ファイル 9533-3.jpg
ファイル 9533-4.jpg
ファイル 9533-5.jpg
ファイル 9533-6.jpg
ファイル 9533-7.jpg
ファイル 9533-8.jpg
ファイル 9533-9.jpg
こちらは、先日に当店入庫時にリアショックからフルード漏れのあったE92 325iのお客様の足回りリフレッシュ作業を行いました。ショック4本は、ザックス製ノーマルリプレイス用のショックにバンプラバー、ブーツ、フロントアッパーマウント、リアアッパーブッシュ、ロアブッシュ、フロントテンションアームブッシュの交換を行いました。交換時に再利用する純正部品は、綺麗にしてから組み付けていきます。アッパーマウントは、交換前は、5mmは、つぶれていて車高が落ちていました・・・リアのブッシュも劣化がひどい状況でした・・・フロントテンションアームブッシュは、ブッシュ内部のインクが滲んでいる状態で交換して正解でした!ノーマル車高がお客様のご希望でしてサスは、再利用して取り付けしました。取り付け後に500キロ程度走行してから再入庫でアライメント調整を行い作業は、完了となります。

    

    G02X4 M40i H&Rダウンサス取り付け&ディクセル低ダストブレーキパッド タイプM取り付け

ファイル 9514-1.jpg
ファイル 9514-2.jpg
ファイル 9514-3.jpg
ファイル 9514-4.jpg
こちらは、先日に当店で3Dデザイン製フロントリップ、サイドスカート、リアディフューザーを取り付けしましたG02X4 M40iのお客様に今回は、H&Rダウンサス取り付けとディクセル低ダストブレーキパッドのタイプMを取り付けしました。まずは、ブレーキパッドの交換からスタートです。作業の際には、ブレーキ回りの洗浄、キャリパーシールの点検、パッドのグリスアップを行いハブ部分の錆取り、防錆処理を行いホイールは、裏も表も綺麗に洗います。ディクセルタイプMは、純正ダスト量の半分以下のダスト量となりホイールの掃除も楽になります・・・ブレーキの効きのフィーリングも純正パッドに近いフィーリングです。
ファイル 9514-5.jpg
ファイル 9514-6.jpg
ファイル 9514-7.jpg
ファイル 9514-8.jpg
ファイル 9514-9.jpg
続いてH&Rダウンサス取り付けを行いました。作業の際には、再利用する純正部品は、綺麗にしてから組み込んでいきます。お手頃価格でローダウンが可能な製品です。見た目もかなりなローダウンでスポーティーなSUVの完成です~

    

    F31 320d ザックスRS1 車高調取り付け

ファイル 9513-1.jpg
ファイル 9513-2.jpg
ファイル 9513-3.jpg
ファイル 9513-4.jpg
ファイル 9513-5.jpg
ファイル 9513-6.jpg
ファイル 9513-7.jpg
ファイル 9513-8.jpg
こちらは、当店初ご来店のF31 320dのお客様に今月キャンペーンで大特価セール中のザックスRS1 車高調の取り付けを行いました。メールで色々とご相談頂きましてご購入頂きました。車両の状態は、リアのバンプラバーは、劣化で破損していてフロントアッパーマウントは、ベアリングのグリスが出ていた状況でした・・・この状態は、脚のリフレッシュが必要な状態ですね・・・アッパーマウント前後も新品に交換しました。作業の際には、再利用する純正部品は、綺麗にしてから組み込んでおります。ザックスRS1は、減衰調整が16段階で可能となり乗り味は、とても しなやかに動く印象が強い車高調です。硬さの比較でわかりやすく言うとKW以上ビルシュタイン未満ですかね~とても安定感が出て乗りやすい脚です。サスキットでいうとシュニッツアーサスキットののようなしなやかで粘る動きです。車高は、Mスポーツ車高から15mm程度ローダウンで完成です。

    

    F82M4 KWハイトアジャストスプリング取り付け

ファイル 9502-1.jpg
ファイル 9502-2.jpg
ファイル 9502-3.jpg
ファイル 9502-4.jpg
ファイル 9502-5.jpg
ファイル 9502-6.jpg
ファイル 9502-7.jpg
こちらは、F82M4のお客様にKW製品ハイトアジャストスプリングの取り付けを行いました。写真の製品の構成とおりのノーマルショックを使用して車高調機能を付けましょう的な商品です。ダウンサスですと車高調製が出来ないので・・・スプリングとブラケットとバンプラバーが装備のKWらしい良く出来た製品です。取り付け時には、再利用する純正部品は、綺麗にしてから取り付けしております。こちらは、わりと落ちすぎない仕様に出来ているようです。EDC付車両は、EDC機能は、そのまま使用可能です。今回は、ノーマルから約15mm程度の前後ローダウンとなりました。
ファイル 9502-8.jpg
ファイル 9502-9.jpg
同時にMパフォーマンス製品のペダルセットとフットレストの取り付けを行いました。取り付け時には、運転席のフロアに掃除機かけて綺麗にしてからご納車しております~インテリアのお気軽イメチェンには、良い感じですね~

    

    F36 420i シュニッツアーサスキット取り付け

ファイル 9499-1.jpg
ファイル 9499-2.jpg
ファイル 9499-3.jpg
ファイル 9499-4.jpg
ファイル 9499-5.jpg
ファイル 9499-6.jpg
ファイル 9499-7.jpg
こちらは、当店の中古車販売でご購入頂きましたF36 420iの脚交換でシュニッツアーサスキットの取り付けを行いました。現在のシュニッツアーサスキットのショックは、ビルシュタインのショックが採用されております。乗り味は、ビルシュタインB12サスキットとは、別モノです・・・サスキットの中でも一番しなやかな脚の動きが出来るのがシュニッツアーサスキットとなります。高速走行の安定感は、ビルシュタイン製品のようで低中速は、KW製品のようないい所取りの製品です。取り付け時には、再利用する純正部品は、綺麗にしてから組付けしていきます。今回は、リアのバンプラバー、ブーツ、フロントのブーツは、ザックス製品で用意をして交換しました。車高は、Mスポーツ車高から前後とも15mm程度のローダウンとなります。

    

    F20 116i ビルシュタインB12サスキット取り付け

ファイル 9488-1.jpg
ファイル 9488-2.jpg
ファイル 9488-3.jpg
ファイル 9488-4.jpg
ファイル 9488-5.jpg
ファイル 9488-6.jpg
ファイル 9488-7.jpg
こちらは、F20 116iのお客様にビルシュタインB12プロキットの取り付けを行いました。今回は、同時にフロント、リアのアッパーマウントも同時に交換を行いました。いざ作業に入るとフロントのダストブーツも切れて分離していたので こちらのパーツも同時に交換しました。再利用できる純正部品は、取り付け前に綺麗にしてから組み込んでいきます。ビルシュタインB12プロキットは、ビルシュタインのショートストロークショックB8とアイバッハダウンサスのプロキットの組み合わせの製品となります。しっかりしたハンドリングと脚の動きが特長のサスキットとなります。車高は、Mスポーツ車から前後とも15mm程度のローダウンとなります。走りのリフレッシュは、メールにてお問い合わせ下さい!

    

    F31 320d ビルシュタインB12プロキット取り付け

ファイル 9477-1.jpg
ファイル 9477-2.jpg
ファイル 9477-3.jpg
ファイル 9477-4.jpg
ファイル 9477-5.jpg
ファイル 9477-6.jpg
ファイル 9477-7.jpg
ファイル 9477-8.jpg
ファイル 9477-9.jpg
こちらは、当店初ご来店のお客様のF31 320dにビルシュタインのサスキット B12プロキットの取り付けを行いました。B12プロキットは、ビルシュタインB8ショックとアイバッハスプリングプロキットの組み合わせとなります。B8ショックは、ローダウンスプリングとの組み合わせが可能なショートストロークな単筒式のスポーティーな乗り味が特長のサスキットとなります。今回の取り付けのお客様の車両は、走行距離が8万キロオーバーな状態でアッパーマウント前後とバンプラバー、ブーツのリアも同時に交換しました。リアのバンプラバーは、ボロボロな状態でした・・・このままにしておくと間違いなくショックからフルードを吹いてショックは、終了となるでしょう・・・当店の取り付け作業の際には、再利用する純正部品は、綺麗にしてから新品のショックに組み付けしていきます。脚関連の純正部品のところに よく砂利がかんでいるので全て除去してからサスキットを組み付けて行きます。2時間程度で作業は、完了して 写真のようなローフォルムになり走りもリフレッシュ出来ます。フロントは、Mスポーツ車高から20mm程度 リアは、15mm程度のローダウンとなりました。

    

    G20 320d Xドライブ H&Rダウンサス取り付け

ファイル 9471-1.jpg
ファイル 9471-2.jpg
ファイル 9471-3.jpg
ファイル 9471-4.jpg
ファイル 9471-5.jpg
ファイル 9471-6.jpg
ファイル 9471-7.jpg
こちらは、当店初ご来店のお客様のG20 320dにH&Rダウンサスの取り付けを行いました。Xドライブ車両は、4WDとなりますのでフロントドライブシャフトがあるので作業が少し困難です・・・G20よりもE90よりもF30系が一番作業性が良いかもですね。基本構造は、変わらないのですがノーマルスプリングの長さやアッパーマウントの構造が関係しているんです~さてさて本題ですが当店で作業の際には、再利用する純正部品は、綺麗にしてから組付けしていきます。H&Rダウンサスは、適合車種が豊富でリーズナブルなところが人気ですね。こちらは、ノーマル車高から20mm程度ローダウンして完成です!

    

ページ移動

リンク集:スーパーコピーブランド,グッチ服 スーパーコピー,フェンディコピー,ウブロコピー,