記事一覧

    F87M2コンペティション アクラポビッチマフラーEVOシステム取り付け

ファイル 8402-1.jpg
ファイル 8402-2.jpg
ファイル 8402-3.jpg
ファイル 8402-4.jpg
ファイル 8402-5.jpg
ファイル 8402-6.jpg
ファイル 8402-7.jpg
ファイル 8402-8.jpg
ファイル 8402-9.jpg
こちらは、M2からM2コンペティションにお乗り換えしました常連様なお客様に・・・前回は、パーツ移植で変身しましたM2コンペティションですが今回は、お得なキャンペーンご利用にてアクラポビッチマフラーEVOシステムの取り付けを行いました。EVOシステムは、スリップオンシステムにセンターマフラーとサウンドシャキットが付属になります~お馴染みのフルチタン製品で商品クオリティは、世界一です・・・簡単な調整でマフラーテールの位置が左右均等で綺麗に付きます!そして何よりも超軽量です!サウンドキットは、携帯にアプリをダウンロードして専用のリモコンでバルブオープンが可能となります!テールは、カーボンのみの設定です~気になるマフラーサウンドは、凄いです!乾いたレーシーなサウンドです・・・これは、たまらない感じですよ~

    

    F87M2コンペティション アクラポビッチマフラー取り付け

ファイル 8393-1.jpg
ファイル 8393-2.jpg
ファイル 8393-3.jpg
ファイル 8393-4.jpg
ファイル 8393-5.jpg
ファイル 8393-6.jpg
ファイル 8393-7.jpg
こちらは、当店常連さまなお客様のM2コンペティションに・・・新車納車後すぐにMパフォーマンス製ホイルを取り付けして その後は、KW車高調、そして今回は、マフラーと着々にカスタムが進んできております~今月は、アクラポビッチマフラーキャンペーンですからね~取り付けするのは、スリップオンで純正後部からカットの取り付けとなります。カット作業は、真っ直ぐ綺麗にカットしてカット面を仕上げてから取り付けしていきます。純正のバルブコントロール機能は、そのまま移植するので使用が可能です。こちらのマフラーは、カーボンテールのみ設定となりまして片側のテール1個ずつが左右でつながっています!と言うことは、テールの長さ調整が出来ない?でもマフラーの作りが良いから左右ぴったりとテールの長さが揃うんです!さすがの高額なフルチタンの製品クオリティ世界一のマフラーです・・・マフラーサウンドも乾いた甲高いレーシーなサウンドです~

    

    F22M235i レムスマフラー、センターマフラー取り付け

ファイル 8370-1.jpg
ファイル 8370-2.jpg
ファイル 8370-3.jpg
ファイル 8370-4.jpg
ファイル 8370-5.jpg
ファイル 8370-6.jpg
ファイル 8370-7.jpg
こちらは、当店常連様なお客様のM235iに人気のレムスマフラーをセンターマフラーセットで取り付けを行いました。センターマフラーとのセットの取り付けの際は、ボルトオン取り付けとなります。純正のマフラーは、このように1本モノとなりますのでお持ち帰りは、困難ですね・・・レムスマフラーは、車検対応品なのでその辺の問題は、クリアですけど(汗)純正のマフラーバルブコントロールは、そのまま移植して使用出来ます。音量も車検対応の範囲内でありますので心地よいマフラーサウンドが良い感じに聞こえてきます。2テールの形状も存在感ありなレムスマフラーでした!今月は、キャンペーンで定価の30%引き(工賃別)で購入が可能ですよ~

    

    F11 523i アーキュレーマフラー、3Dデザインディフューザー取り付け

ファイル 8350-1.jpg
ファイル 8350-2.jpg
ファイル 8350-3.jpg
ファイル 8350-4.jpg
ファイル 8350-5.jpg
ファイル 8350-6.jpg
ファイル 8350-7.jpg
ファイル 8350-8.jpg
ファイル 8350-9.jpg
こちらは、当店常連様なお客様のF11 523iのお客様にアーキュレーマフラー4テールと3Dデザイン製4テールディフューザーの組み合わせにて取り付けを行いました!どちらも日本製品で製品クオリティの高い組み合わせとなりまして装着後の満足度も仕上がりも良いかと思います。マフラーは、4テールとなりますと構造も複雑となります。その分製品のクオリティが良いとテール位置の左右位置が良く出来ているので見た目もだいぶ良いかと思います。マフラー取り付けの際には、純正マフラー後部からカットとなります。カット作業の際には、真っ直ぐ綺麗にカットしてカット面を研磨してから取り付けを行います。ディフューザー取り付けの際には、ボディ側の汚れた部分も綺麗にしてから取り付けをしております。完成後のリアビューも迫力のリアビューです!こちらは、車検対応のマフラーとなります!

    

    F22M235i 3Dデザイン製マフラー、ディフューザー取り付け

ファイル 8336-1.jpg
ファイル 8336-2.jpg
ファイル 8336-3.jpg
ファイル 8336-4.jpg
ファイル 8336-5.jpg
ファイル 8336-6.jpg
ファイル 8336-7.jpg
ファイル 8336-8.jpg
ファイル 8336-9.jpg
こちらは、F22M235iのお客様に3Dデザイン製マフラー2テールと3Dデザイン製リアディフューザー2テール用の取り付けを行いました。3Dデザイン製マフラーは、マフラーの匠の工場で生産されております。国産の品質の良いクオリティの高い製品です。見た目もステンレスの美しい仕上がりです。ディフューザーの方もカーボン目が綺麗でフィッテング良く付きます。取り付けの際は、純正ディフューザーを外したらボディ側の汚れを綺麗にしてから3Dデザイン製ディフューザーを取り付けします。マフラー交換の際には、純正マフラーを後部からカットします。カット作業は、真っ直ぐ綺麗にカットしてカット面を研磨してから3Dデザイン製マフラーを取り付けします。見た目は、シンプルですが甲高いレーシーなマフラーサウンドは、運転の楽しさを倍増します!

    

    F30AH3 レムスマフラー取り付け

ファイル 8331-1.jpg
ファイル 8331-2.jpg
ファイル 8331-3.jpg
ファイル 8331-4.jpg
ファイル 8331-5.jpg
ファイル 8331-6.jpg
こちらは、当店初ご来店のF30AH3のお客様にレムスマフラーストリートレースブラッククロームΦ84の取り付けを行いました。作業の方は、純正マフラーの後部からカットとなります。カット作業は、真っ直ぐ綺麗にカットしてカット面を研磨してからレムスマフラーを取り付けします。純正マフラーからバルブコントロールのユニットを移植して取り付けしてからテール位置の調整を慎重に行います。2テールのブラッククロームテールがレーシーでマフラーサウンドも乾いた甲高いイメージです!

    

    F36 420i LCI アーキュレーマフラー、3Dデザイン製ディフューザー取り付け

ファイル 8314-1.jpg
ファイル 8314-2.jpg
ファイル 8314-3.jpg
ファイル 8314-4.jpg
ファイル 8314-5.jpg
ファイル 8314-6.jpg
ファイル 8314-7.jpg
ファイル 8314-8.jpg
こちらは、当店初ご来店のお客様のF36 420i B48エンジンのお客様にアーキュレーマフラー2テールと3Dデザイン製リアディフューザーを取り付けしました。2テールマフラーを420iに取り付けの際は、専用ディフューザーが必要となります。435i用純正とかもアリです。アーキュレーマフラーは、国産メーカーで その作りのクオリティの高さには、大好評な綺麗なステンレスマフラーとなります。今回のテール径は、なんと101mm!大径ですね~取り付けの際には、純正マフラーを後部からカットします。カットは、真っ直ぐ綺麗にカットしてカット面を研磨してからアーキュレーマフラーを取り付けします~3Dデザイン製カーボンディフューザーもカーボン目が綺麗でフィッテング良く付きます。国産ブランドの最強クオリティの組み合わせで仕上がりも良い感じです。マフラーは、もちろん車検対応品となります。

    

    F80M3 アクラポスリップオンマフラー取り付け

ファイル 8273-1.jpg
ファイル 8273-2.jpg
ファイル 8273-3.jpg
ファイル 8273-4.jpg
ファイル 8273-5.jpg
ファイル 8273-6.jpg
こちらは、F80M3 LCIのお客様にアクラポビッチマフラースリップオンの取り付けを行いました。スリップオンは、後部からの交換マフラーとなりましてフルチタン製品の軽量なマフラーとなります。写真でもわかるように作りは、世界一品質な感じです。高額なのも納得できます。ここまでこだわりの作りのマフラーは、他には、見受けできません・・・交換は、純正後部からカット致します。カット作業は、真っ直ぐ綺麗にカットしてカット面を研磨してからアクラポビッチマフラーを取り付けします。4テールマフラーなのでテールの位置調整を慎重に行い完成となります。純正装備のバルブコントロールは、そのまま移植しているので機能は、致します~今回は、お客様のご要望でテール位置は、控えめに調整しました。気になる排気音は、乾いた甲高いレーシーなサウンドです~こちらは、カーボンテールを取り付けしました。チタンテールも洗濯が可能です。

    

    F11 523i レムスマフラーカーボンレース取り付け

ファイル 8259-1.jpg
ファイル 8259-2.jpg
ファイル 8259-3.jpg
ファイル 8259-4.jpg
ファイル 8259-5.jpg
こちらは、F11 523iのお客様にレムスマフラー4テールのカーボンレースの取り付けを行いました。4テールマフラーなのでディフューザーは、540用の純正ディフューザーを用意して取り付けしました。作業の際には、純正マフラー後部からカットとなりましてカット作業は、真っ直ぐ綺麗にカットしてカット面を研磨してからレムスマフラーを取り付けします。4テールの場合は、テール位置が調整可能なので左右均等な位置になるように慎重に作業を進めていきます。完成の図は、迫力のリアビューとなりますね~

    

    G29Z4M40i レムスマフラー取り付け

ファイル 8254-1.jpg
ファイル 8254-2.jpg
ファイル 8254-3.jpg
ファイル 8254-4.jpg
ファイル 8254-5.jpg
ファイル 8254-6.jpg
ファイル 8254-7.jpg
こちらは、昨日のブログでアイバッハダウンサスを取り付けしましたG29Z4M40iのお客様に・・・これまたメーカーの方いわく日本初装着のレムスマフラーの取り付けを行いました。テールは、102Φカーボンアングルをチョイス!マフラー取り付けの際は、純正マフラーを後部からカットとなりましてカットは、真っ直ぐ丁寧にカットしてカット面を研磨して仕上げてからレムスマフラーを取り付けします。こちらのタイプは、ノーマルマフラーにバルブが片側のみ付いておりますがレムスマフラーは、更にユニットを追加してバルブコントロールは、左右となります。テールも大径でスポーティーなイメージですね~気になるマフラーサウンドは、乾いた甲高いイメージで音量も純正よりアップ致します!吹け上りも良くなりますよ~

    

ページ移動

リンク集:スーパーコピーブランド,グッチ服 スーパーコピー,フェンディコピー,ウブロコピー,