記事一覧

    F30 320i 3Dデザイン製4テールマフラー、ディフューザー取り付け

ファイル 9980-1.jpg
ファイル 9980-2.jpg
ファイル 9980-3.jpg
ファイル 9980-4.jpg
ファイル 9980-5.jpg
ファイル 9980-6.jpg
ファイル 9980-7.jpg
ファイル 9980-8.jpg
ファイル 9980-9.jpg
こちらは、F30 320iのお客様に3Dデザイン製4テールマフラーと同社の4テールマフラー用のリアディフューザーの取り付けを行いました。3Dデザイン製4テールマフラーは、純正マフラー後部からカットしてバンドでの取り付けとなります。当店の作業では、マフラーカット作業は、真っ直ぐ綺麗にカットをしてからカット面を研磨して3Dデザイン製マフラーを取り付けします。リアディフューザー取り付けの際は、純正ディフューザーを外してからボディ側の汚れを綺麗にしてから3Dデザイン製リアディフューザーを取り付けします。リアディフューザーの底面の純正ビスは、シルバーでカーボンリアディフューザーに交換するとビスが目立つので当店では、黒色のビスに入れ替えて取り付けしております。どちらもジャストフィットで違和感のない仕上がりとなります。マフラーは、車検対応品となります!ステンレスの仕上がりが綺麗なマフラーですね~

    

    F82M4 キャタライザー戻し&DMEチューン施工

ファイル 9943-1.jpg
ファイル 9943-2.jpg
ファイル 9943-3.jpg
ファイル 9943-4.jpg
ファイル 9943-5.jpg
こちらは、久しぶりの登場の常連様なお客様のF82M4のアクラポダウンパイプを外して純正戻しを作業しました~同時にマフラーガスケットとキャタライザーのガスケットも新品に交換しました~マフラーは、センターから外したので高圧洗浄で綺麗にしてから取り付けです。なぜダウンパイプ戻すんですか???とお客様に聞いてみたら低中速の変化を今一度、確認したいとのことでした・・・DMEチューン施工は、以前に当店で現車合わせのオリジナルデーターで施工しておりましたので今回は、ダウンパイプ無しの仕様でトルク重視で再セッテングを行いました!それでも430PS以上でトルクは、690Nmと驚きのデーターとなりました~

    

    F20 120i レムスセンターマフラー&カーボンレースリアマフラー取り付け

ファイル 9937-1.jpg
ファイル 9937-2.jpg
ファイル 9937-3.jpg
ファイル 9937-4.jpg
ファイル 9937-5.jpg
ファイル 9937-6.jpg
ファイル 9937-7.jpg
こちらは、F20 120iのお客様にレムスマフラーのセンターマフラーとリアマフラーは、カーボンレースにて取り付けを行いました。2テールマフラーなので純正ディフューザーは、カットの作業となります。センターマフラー交換の際には、ボルトオンにて取り付けが可能となります。センターからの交換ですと音量もありエンジンの吹け上がりも変化します~りあびゅーも2テール化により迫力が出ますね~右側のディフューザーは、カットで仕上げますが時間をかけて丁寧にカットするので違和感なく仕上がりますよ~

    

    F30 320i レムスマフラー取り付け

ファイル 9918-1.jpg
ファイル 9918-2.jpg
ファイル 9918-3.jpg
ファイル 9918-4.jpg
ファイル 9918-5.jpg
ファイル 9918-6.jpg
ファイル 9918-7.jpg
こちらは、F30 320iのお客様に今月キャンペーンで大特価セール中のレムスマフラーの取り付けを行いました。F30 320i N20エンジン用のレムスマフラーは、片側デュアルテールとお馴染みの4テールマフラーがありますが今回は、片側デュアルテールのマフラーの取り付けを行いました。マフラー取り付けは、純正マフラー後部をカットしてスリーブのような金具で固定します。当店では、マフラーカット作業は、真っ直ぐ綺麗にカットをしてカット面を研磨してから社外品マフラーを取り付けします。こちらの車両は、純正マフラーテールが1本の車両なのでデュアルテール用にリアバンパーをカットしました。カットも時間をかけて綺麗に仕上げております。マフラーの方は、車検適合品となります。

    

    G31 523i 3Dデザイン製マフラー取り付け

ファイル 9884-1.jpg
ファイル 9884-2.jpg
ファイル 9884-3.jpg
ファイル 9884-4.jpg
ファイル 9884-5.jpg
ファイル 9884-6.jpg
こちらは、初ご来店のG31 523iのお客様に今月キャンペーンで大特価セール中の3Dデザイン製マフラーの取り付けを行いました。こちらの4テールのマフラーは、Mスポーツ車の純正ディフューザーでも取り付け可能です・・・こちらのお客様は、既に3Dデザイン製リアディフューザーが付いてました。マフラー取り付けは、純正マフラー真ん中から少し後ろ側からカットして取り付けします。当店では、、カット作業は、真っ直ぐ綺麗にカットをしてカット面を研磨してから3Dデザイン製を組み付けしていきます。テールの位置調整を慎重に行い作業は、完了となります。ステンレス製品の仕上がりが美しいジャパンメイドのマフラーとなります。こちらのマフラーは、車検適応製品となります。

    

    G20 320d 3Dデザインマフラー取り付け

ファイル 9723-1.jpg
ファイル 9723-2.jpg
ファイル 9723-3.jpg
ファイル 9723-4.jpg
ファイル 9723-5.jpg
ファイル 9723-6.jpg
ファイル 9723-7.jpg
ファイル 9723-8.jpg
こちらは、G20 320dのお客様に今月キャンペーンで大特価セール中の3Dデザイン製4テールマフラーの取り付けを行いました。G20 320に4テールマフラーを取り付けする場合には、G20M340i用のリアディフューザーと純正部品2点が必要となります。作業の方は、リアディフューザーのフレームも同時に交換となるのでリアバンパーを外しての作業となります。マフラー交換の際には、純正マフラーを後部からカットして取り付けします。カットは、真っ直ぐ綺麗にカットを行いカット面は、研磨してから3Dデザイン製マフラーを取り付けします。テール位置は、調整が可能なタイプなので左右の長さや位置調整を行い作業は、完了となります。テール径も大きく見た目もだいぶ変わります。こちらは、車検適合マフラーとなります。ステンレスが綺麗な仕上がりの安心品質の国産マフラーです~

    

    F36 420i レムスマフラー取り付け

ファイル 9714-1.jpg
ファイル 9714-2.jpg
ファイル 9714-3.jpg
ファイル 9714-4.jpg
ファイル 9714-5.jpg
ファイル 9714-6.jpg
こちらは、F36 420i B48エンジンのお客様に今月キャンペーンで大特価セール中のレムスマフラーを取り付けしました。レムスマフラーのB48エンジン用には、4テールの設定がなく写真のような片側デュアルテールのマフラーとなります。そしてセンターからの交換となります。こちらは、取り付けは、ボルトオンで取り付けが可能です。テール位置調整も色々と動くので調整がしやすく出来てます。取り付けは、1時間程度で完成でセンターマフラーからの製品なので音量も車検適合範囲内である程度大きさがあります~レムスマフラーは、今月のお買い求めがお得ですよ~キャンペーンの価格は、29日まで申し込みとなります~

    

    F55 MINIクーパーS レムスマフラー取り付け

ファイル 9649-1.jpg
ファイル 9649-2.jpg
ファイル 9649-3.jpg
ファイル 9649-4.jpg
ファイル 9649-5.jpg
ファイル 9649-6.jpg
ファイル 9649-7.jpg
ファイル 9649-8.jpg
ファイル 9649-9.jpg
こちらも初ご来店のお客様のF55ミニクーパーSにレムスマフラーカーボンテールの取り付けを行いました。レムスマフラーは、センターからのボルトオン交換となりましてバルブ機能が追加となります。このバルブのコントロールは、付属のリモコン操作と携帯電話にアプリをダウンロードして携帯電話で操作も可能となります。ユニットを取り付けするには、車両側から電源を引くことになるので配線作業が必要となります。マフラーサウンドは、割と大きくなりバルブオープンでは、良い感じの音量と太めのマフラーサウンドとなります。テール形状も大きめで迫力のリアビューですね~

    

    G20 320i アーキュレーチタンテールマフラー取り付け

ファイル 9636-1.jpg
ファイル 9636-2.jpg
ファイル 9636-3.jpg
ファイル 9636-4.jpg
ファイル 9636-5.jpg
ファイル 9636-6.jpg
ファイル 9636-7.jpg
こちらは、当店初ご入庫のG20 320iのお客様にアーキュレーチタンテールマフラーの取り付けを行いました。こちらのモデルは、2テールマフラーとなりますので純正リアディフューザーの車両にも対応しております。こちらの車両は、end cc製リアディフューザーが付いていました。取り付けは、取り付けは、純正マフラー後部からカット作業となりまして真っ直ぐ綺麗にカットしてカット面を研磨してからアーキュレーチタンテールマフラーを取り付けします。こちらのモデルは、テールの位置調整が前後で可能でして取り付けしてからリアディフューザーとの位置を見ながら定規で計り左右の出具合を調整して完成です・・・さすがの日本製マフラーで作りは、綺麗でテールの位置も綺麗に調整できます~もちろん車検適合マフラーです!純正のバルブ機能も移植なのでスポーツモードでバルブオープンなマフラーサウンドになります~

    

    F31 320i アーキュレーチタンテールマフラー&3Dデザインリアディフューザー取り付け

ファイル 9635-1.jpg
ファイル 9635-2.jpg
ファイル 9635-3.jpg
ファイル 9635-4.jpg
ファイル 9635-5.jpg
ファイル 9635-6.jpg
ファイル 9635-7.jpg
ファイル 9635-8.jpg
こちらは、先日に当店で当社オリジナルブランドHYPER STYLE製フロントリップスポイラーカーボンを取り付けしましたF31 320iのお客様に今回は、アーキュレーチタンテールマフラー4テールと3Dデザイン製リアディフューザー4テール用の取り付けを行いました。アーキュレーチタンテールマフラーは、既存のステンレスモデルと形状は、同じですがテールのみチタン製品となりテールエンドは、焼き入れでブルーのカラーになっております。3Dデザインリアディフューザーは、取り付け前に板金工場でクリア塗装を行いました。クリア塗装を行うことにより紫外線による変色を防ぎ更に艶も増します。取り付けは、純正マフラー後部からカット作業となりまして真っ直ぐ綺麗にカットしてカット面を研磨してからアーキュレーチタンテールマフラーを取り付けします。ディフューザー取り付け時には、ボディ側を綺麗にしてから取り付けして下側は、ビス止めとなりますが純正のビスは、銀色なので黒色のビスを用意して交換します。こちらは、車検適合マフラーなので大きな音量には、なりませんが純正と音質は、異なり心地よいマフラーサウンドとなります。

    

ページ移動

リンク集:スーパーコピーブランド,グッチ服 スーパーコピー,フェンディコピー,ウブロコピー,