記事一覧

    F30 320i LCI CSFヒートEXチャンジャー、FTPチャージパイプ取り付け

ファイル 8288-1.jpg
ファイル 8288-2.jpg
ファイル 8288-3.jpg
ファイル 8288-4.jpg
ファイル 8288-5.jpg
ファイル 8288-6.jpg
ファイル 8288-7.jpg
ファイル 8288-8.jpg
ファイル 8288-9.jpg
こちらは、先日に当店でエアロ3点セット、4テールマフラーと取り付けしましたF30 320i B48エンジンのお客様にCSF製ヒートEXチャンジャーとFTPチャージパイプ取り付けを行いました。B48エンジンは、インタークーラーは、水冷式でM4のようなTOPマウントは、存在していなくインテークマニフォールドを水冷にて冷やすシステムとなります。ラジエター本体の前に純正のヒートEXチャンジャーは、あります。純正は、構造上薄くなっておりCSF製と比べると容量の違いは、一目瞭然ですね・・・交換作業は、バンパー脱着して大きな加工は、ありません。ヒートEXチャンジャーのまわりの純正部品は、全て洗浄してから取り付けして脱着の際に漏れたクーラントを高圧洗浄で洗浄してエア抜きを一晩かけて行います。FTPチャージパイプは、ラムエアーが付いていると一部加工が必要ですがこちらもスマートに取り付けして完成です~パワー、トルクアップが簡単に体感出来るアイテムです!

    

    F22 M235i ワグナーインタークーラーEVO2コンペティション取り付け

ファイル 8241-1.jpg
ファイル 8241-2.jpg
ファイル 8241-3.jpg
ファイル 8241-4.jpg
ファイル 8241-5.jpg
こちらは、先日に当店で車検整備を行いましたF22M235iのお客様に今月大特価セール中のワグナーインタークーラーEVO2コンペティション取り付けを行いました。N55エンジンのインタークーラーは、空冷式となりまして容易に交換が可能です。インタークーラーを大容量化すると吸入空気温度が下がりエンジンパワーとトルクがアップ致します。純正品のインタークーラーとワグナーインタークーラーと比べると大きさの違いや構造の違いが一目瞭然ですね・・・取り付けは、ボルトオンの加工無しで1時間半程度で完了致します。作業の際は、純正を外した際にインタークーラーまわりを綺麗にしてからワグナーインタークーラーを取り付けしております。効果は、簡単に体感が可能です!

    

    F80M3 CSFトップマウント&ヒートEXチャンジャー取り付け①

ファイル 8165-1.jpg
ファイル 8165-2.jpg
ファイル 8165-3.jpg
ファイル 8165-4.jpg
ファイル 8165-5.jpg
ファイル 8165-6.jpg
ファイル 8165-7.jpg
こちらは、先日FSWでお会いしましたF80M3の初ご来店のお客様に・・・速攻パワーアップアイテムのCSF製トップマウント&ヒートEXチャンジャーそしてFTPチャージパイプ男の赤!の取り付けを行いました。F80M3のインタークーラーは、皆さまご存知のとおり水冷式となっておりましてエンジン燃焼室内に送り込まれる吸入空気温度は、低ければ低いほどパワーで出る訳でございます・・・そこでノーマルのトップマウントの内部構造をより温度を下げて流速も落ちないように考えられて作られたのが このCSF製品となります~トップマウントの中は、覗き込むと違いが分かりますよ~トップマウントのまわりにクーラントは、流れておりますがそのクーラントを冷やすメインの役割がヒートEXチャンジャーとなりましてメインのラジエターの前に付いております。見た目は、ラジエターと同じ感じです。こちらも面積と内部構造の工夫で純正よりも更に冷えるようになるのがCSF製ヒートEXチャンジャーとなりまして当然ながらトップマウントとのセット交換が前提でございます~作業は、バンパー外してボルトオンの取り付けとなります・・・ノーマルのメインのラジエター部分も綺麗に掃除してバンパーまわりの普段外すことがないであろう部分のパーツも外して綺麗に掃除しておきました~ヒートEXチャンジャーとトップマウント取り付け時には、クーラントのエア抜きも必要となります。ブログは、後編へと続きます!

    

    E89Z4 35i ワグナーインタークーラーEVO2コンペティション取り付け

ファイル 8139-1.jpg
ファイル 8139-2.jpg
ファイル 8139-3.jpg
ファイル 8139-4.jpg
ファイル 8139-5.jpg
ファイル 8139-6.jpg
こちらは、E89Z4 35iのお客様にワグナーインタークーラーEVO2コンペティションの取り付けを行いました。ワグナーインタークーラーEVO2コンペティションは、車体側の加工無しでボルトオンにて取り付けが可能ですインタークーラーのインレット、アウトレットのホースも付属されております。純正品に比べると大きさの違いは、一目瞭然ですね・・・簡単にパワーアップ、トルクアップが体感出来るパーツです。そしてリーズナブル!作りも良く短時間で装着が可能となります~

    

    F80M3 イマジンチャージパイプ、Mパフォーマンスリアディフューザー取り付け

ファイル 8120-1.jpg
ファイル 8120-2.jpg
ファイル 8120-3.jpg
ファイル 8120-4.jpg
ファイル 8120-5.jpg
こちらは、初ご来店のM3のお客様にBMW Mパフォーマンス製リアディフューザーの取り付けを行いました。Mパフォーマンス製リアディフューザーは、ドライカーボンで軽量な製品です。純正品なのでフィッテング最高です。取り付け時には、バンパー側の汚れとマフラーテールを綺麗にしてから取り付けしました!
ファイル 8120-6.jpg
ファイル 8120-7.jpg
ファイル 8120-8.jpg
ファイル 8120-9.jpg
同時にイマジンチャージパイプの取り付けを行いました。アルミ製品の綺麗な仕上がりのチャージパイプで3本セットの交換となります。ブーストアップしている車両には、必需品となりますが純正品の劣化による破損防止にもなります。ブースト圧の安定にも貢献するパーツです!

    

    F82M4 FTPチャージパイプ取り付け

ファイル 8111-1.jpg
ファイル 8111-2.jpg
ファイル 8111-3.jpg
ファイル 8111-4.jpg
ファイル 8111-5.jpg
こちらは、いつも遠方からお越し頂いております常連様なお客様のM4に今回は、FTPチャージパイプ取り付け作業を行いました。先日ビープラススペシャルアラゴスタ車高調を取り付けしたサーキット走行をされているお客様です。FTPチャージパイプは、3本のセットでアルミで出来ているので純正の経年劣化によるチャージパイプ破損の防止となります。サブコン、DMEチューンをしている車両には、当然お勧めの製品となります。タービンからインタークーラーへ2本そしてインタークーラーからマニホールドへ1本のコンプリートキットです。ブースト圧の安定も効果の一つです~同時にアライメント調整を行いアライメントデーターは、走る場所や調整前の車両の動きをお話しにて聞いてサーキット走行用のお勧めのデーターで調整を行いました。

    

    F87M2 3Dデザイン製エアインテーク&インタークーラー取り付け

ファイル 8108-1.jpg
ファイル 8108-2.jpg
ファイル 8108-3.jpg
ファイル 8108-4.jpg
ファイル 8108-5.jpg
こちらは、F87M2のお客様に3Dデザイン製エアインテークの取り付けを行いました。当店で以前にレムスマフラーの取り付けを行いました。3Dデザイン製エアインテークは、純正のエアインテークを一部使用して形状も純正に近い形状ですがフィルターは、BMC製となり吸入効率を上げるタイプのものになっております。グリル内にも導入板が付いており機能性も高い製品です。
ファイル 8108-6.jpg
ファイル 8108-7.jpg
ファイル 8108-8.jpg
ファイル 8108-9.jpg
同時にこちらは、3Dデザイン製インタークーラー+FTPチャージパイプの取り付けを行いました。こちらは、セットでの取り付けをお勧めしております。インタークラー装着により吸入空気の温度が下がり空気密度が高くなるのでパワー、トルクアップが可能です。チャージパイプを交換することによりブースト圧の安定とレスポンスアップに繋がります~こちらの車両は、これからDMEチューンを行います!

    

    F57 MINIカブリオレJCW ハイスパークIGコイル取り付け

ファイル 8107-1.jpg
ファイル 8107-2.jpg
ファイル 8107-3.jpg
ファイル 8107-4.jpg
ファイル 8107-5.jpg
こちらは、F57 JCWのお客様にハイスパークIGコイルプレミアムの取り付けを行いました。ハイスパークIGコイルプレミアムは、点火強化型のIGコイルとなります。エンジン燃焼室内の不完全燃焼を防ぎパワー、トルクアップそして燃費向上のするアイテムとなります。同時にプラグは、純正品を使用して交換を行いました。こちらは、B48エンジンなのでBMWにもハイスパークIGコイルプレミアムは、取り付け可能です。仕上げは、ビープラスオリジナルルブロス製最高級オイルRW 5W-40にてオイル交換を行いました!

    

    F30 320i LCI グループMラムエアー、プラズマダイレクト取り付け

ファイル 8098-1.jpg
ファイル 8098-2.jpg
ファイル 8098-3.jpg
ファイル 8098-4.jpg
ファイル 8098-5.jpg
ファイル 8098-6.jpg
こちらは、先日のブログの続きとなります・・・Mパフォーマンスブレーキキットを取り付けしましたF30 320iのお客様に同時にグループMラムエアーシステムの取り付けを行いました。余談ですがF30 B48エンジン用のラムエアーは、当店の前デモカーF30 320iLCIをメーカーさんで開発車両として使用しておりました。もうデモカーは、販売して今は、手元にありませんがラムエアーが付いていた時は、シリアルNO1が装着されておりました。そんなこともありまして商品開発の熱心さには、重々承知している大久保でございます・・・吸入効率を第一に考慮して作られたカーボンエアインテークの作りもさすがのジャパンメイドで仕上がりも素敵です。カーボンのエアインテークの中には、K&N製のエアフィルターを装備しており ひとつひとつ部品も作りが丁寧で高額なのも納得のいく製品です。エンジンのレスポンスも良くなります~
ファイル 8098-7.jpg
ファイル 8098-8.jpg
ファイル 8098-9.jpg
そして点火強化のパーツもぬかりなく装着しました!誰もが知るプラズマダイレクトの取り付けです~点火ロスを低減させて燃費向上も期待出来てパワー、トルクともにアップするデメリットの無い製品となります。少し金額が高いけど・・・燃費が向上すれば元は、取れますよ~

    

    F87M2 DINAN BIGターボキット取り付け②

ファイル 7985-1.jpg
ファイル 7985-2.jpg
ファイル 7985-3.jpg
ファイル 7985-4.jpg
ファイル 7985-5.jpg
ファイル 7985-6.jpg
こちらは、昨日のブログの続きとなります
F87M2の常連様なお客様にDINAN製BIGターボキットの取り付けを行い燃料系の変更は、こちらのDINAN製低圧ポンプの取り付けを行いました。低圧側のフューエルポンプは、ガソリンタンク内にありまして純正と同形状で作られているので こちらも加工無しで取り付けが出来ます。本来ならば高圧ポンプも交換したいところですがDINAN製の設定は、無く高圧側は、ノーマルのままで後日DMEチューンで燃調の調整を行いセッテングします。最後にビープラスオリジナルルブロスオイルRW5-40にてオイル交換を行いました。

    

ページ移動

リンク集:スーパーコピーブランド,グッチ服 スーパーコピー,フェンディコピー,ウブロコピー,