記事一覧

    K&Pオイルフィルター入荷しました!

ファイル 9510-1.jpg
初回入荷で即完売しました話題のK&Pオイルフィルターが2回目の入荷です。現在残り9個となりますが 販売は、オイル交換を当店で行うお客様限定で販売します。こちらのフィルターの適合は、F80/82M3とM4そして
F87M2及びM2コンペ そしてF20/22のM135とM235  F30 AH3 F30/31/32/34/36のN20エンジン搭載車両 となります。オイル交換と同時でしたら¥14850にて販売可能です。商品の単品のみの販売は、少数入荷の為、不可とさせて頂きます。よって通販も不可となります。次回入荷は、未定となります。何度も言いますが当店でオイル交換をされるお客様のみに販売させて頂きます。お申し込みは、メールのみ受け付け致します。
ファイル 9510-2.jpg
ファイル 9510-3.jpg
ファイル 9510-4.jpg
ファイル 9510-5.jpg
ファイル 9510-6.jpg

早速待ってました!と言わんばかりに当店常連様なM4でサーキット走行をガンガン行っているお客様のメンテ作業で取り付けしました~フィルター交換の効果は、フリクションロスが少なくなりエンジンの回転がスムーズになります。そして純正のオイルフィルターに比べて汚れも取りやすく洗浄により何度も使用できる優れものオイルフィルターとなります。レーシングカーも採用されているオイルフィルターですよ~

    

    F87M2コンペティション グループMラムエアーシステム取り付け

ファイル 9493-1.jpg
ファイル 9493-2.jpg
ファイル 9493-3.jpg
ファイル 9493-4.jpg
ファイル 9493-5.jpg
ファイル 9493-6.jpg
ファイル 9493-7.jpg
こちらは、先日の当店のブログで登場しましたM2コンペティションの常連様なお客様に今回は、究極の吸気システム・・・グループMラムエアーシステムの取り付けを行いました。グループMラムエアーシステムは、K&N製エアフィルターとグループMで開発したカーボンのエアボックスの究極のエアインテークシステムパーツとなります。
高額な製品では、ありますが作りは、エアインテークシステムの中でも一番クオリティの高い製品となります。カーボンのパーツは、国産の工場となります。取り付けは、加工無しで1時間かからない程度で完成します。カーボンの左右のエアボックスの中には、2つのフィルターが入っております。装着によりパワー&トルクアップが体感出来てターボのシューっという吸気音も聞こえてきます

    

    F44 218d 3Dデザイン ブースターチップⅢ取り付け

ファイル 9476-1.jpg
ファイル 9476-2.jpg
ファイル 9476-3.jpg
ファイル 9476-4.jpg
こちらは、F44 218dのお客様にブースターチップⅢの取り付けを行いました。ブースターチップⅢは、ターボ車用のブーストアップのサブコンとなります。各センサーに配線を割り込ましてバッテリーからのバックアップ電源を接続しての取り付けの作業となります。配線は、目立たないように束ねて配線していきます。本体は、なかなか取り付けスペースの無い車両でして写真の位置に貼り付けで取り付けしました。サブコン取り付けによりパワー&トルクアップが簡単に体感できます~

    

    F87M2 FTPチャージ&ブーストパイプ取り付け

ファイル 9462-1.jpg
ファイル 9462-2.jpg
ファイル 9462-3.jpg
ファイル 9462-4.jpg
ファイル 9462-5.jpg
ファイル 9462-6.jpg
ファイル 9462-7.jpg
こちらは、当店のフリマで3Dデザイン製インタークーラーをご購入頂きましたF87M2のお客様に取り付けと同時にFTPチャージ&ブーストパイプを新品購入頂いて取り付け作業を行いました。フリマのインタークーラー見ると新品に近い状態ですね~こちらは、加工なくボルトオンで取り付け可能ですクーラー面積も大きくなり吸気の温度がかなり下がりそうな構造です。インタークーラー取り付け時には、社外品のチャージパイプ&ブーストパイプは、マストアイテムです。純正部品ですと劣化で破損して走行不能な状況になる事例が多いのでインタークーラー付けても付けなくても社外品に交換をお勧めします!FTPチャージ&ブーストパイプは、アルミの製品で強度もあります。エンジンの振動による破損を防ぐようにパイプのジョイントは、ゴムホースで連結しております。取り付け後は、インタークーラー交換の恩恵によりパワー&トルクアップが体感できます。

    

    F87M2コンペティション プラズマダイレクト取り付け作業

ファイル 9440-1.jpg
ファイル 9440-2.jpg
ファイル 9440-3.jpg
こちらは、先日に当店でKW車高調バージョンⅢと3Dデザインフロントリップ、ファスピエルトステアリングと大人買いして頂きましたM2コンペのお客様に今回は、強化型IGコイルのプラズマダイレクト取り付けを行いました。プラズマダイレクトは、純正のIGコイルと付け替えるだけでエンジン燃焼室内の不完全燃焼を防いでパワー&トルクアップそして燃費向上が体感できるアイテムとなります。
ファイル 9440-4.jpg
ファイル 9440-5.jpg
ファイル 9440-6.jpg
ファイル 9440-7.jpg
カスタマイズも良いですがメンテ作業も重要ですよ~ということで早速メンテ3点セットの実行です!ビルシュタインカーボンクリーンを施工してエンジン燃焼室内を綺麗にしてからペトロナスエンジンクリーニングを施工してオイルラインを綺麗にして当店オリジナルルブロス製オイルRW5-40スペックⅡにてオイル交換を行いました。同時にエンジン保護添加剤のレビテックパワーショットも注入しました~これでエンジンのレスポンスも気持ちが良いほど軽く回りますよ!

    

    F31 335i FTPチャージ&ブーストパイプ取り付け

ファイル 9437-1.jpg
ファイル 9437-2.jpg
ファイル 9437-3.jpg
ファイル 9437-4.jpg
ファイル 9437-5.jpg
ファイル 9437-6.jpg
ファイル 9437-7.jpg
ファイル 9437-8.jpg
こちらは、当店初ご来店のお客様のF31 335iにFTPチャージ&ブーストパイプの取り付けを行いました。写真のようにチャージパイプの付け根が割れていて自走出来ずに自動車保険のレッカー使用で積載車でご入庫頂きました。当店に在庫がありまして即対応が今回出来ました・・・入庫後早速作業に入りました。FTPチャージ&ブーストパイプには、めくらぶたのようなボルトが付いているのでエア漏れ防止とゆるみ防止の対策をしてから当店では、取り付けしております。またゴムパッキンには、グリスを付けてから作業しております。スロットルボディのまわりを綺麗にして またインタークーラーは、外すのでまわりを綺麗にしてから取り付けしております。取り付け後は、エラーメッセージをテスターで消去して試走を行い作業は、完了となります。

    

    F82M4 VTT スプラインロックハブフルキット取り付け②

ファイル 9416-1.jpg
ファイル 9416-2.jpg
ファイル 9416-3.jpg
ファイル 9416-4.jpg
ファイル 9416-5.jpg
ファイル 9416-6.jpg
ファイル 9416-7.jpg
ファイル 9416-8.jpg
こちらは、先日からのブログの続編となります。F82M4のお客様にVTTスプラインロックハブフルキットの取り付けを行いました。作業においては、カムカバーを外すのでパッキンを交換して同時に予防整備でエレメントブロックパッキンの交換とベルト、テンショナー、プーリーの交換も行いエンジンブロック側のサービスホールのパッキンも全て純正部品を取り寄せして新品交換を行いました。スプラインロックハブは、既定のトルクでトルクレンチで締め付けしてから既定の角度増し締めがあるので工具を使用して角度を測りながら二人がかりのフルパワーで締め付けしていきます・・・

    

    F82M4 VTT スプラインロックハブフルキット取り付け①

ファイル 9413-1.jpg
当店常連様なM4のお客様にVTT製スプラインロックハブフルキットの取り付けを行いました。こちらのお客様は、当店でサポートさせて頂いている車両のお客様でFSWサーキット走行を楽しまれております。タービン交換とDMEチューンで600PS出ている車両となります。以前にCBCキットは、取り付けしたのですがエンジンブローの予防としてスプラインロックハブフルキットの取り付けを今回は、行いました。
ファイル 9413-2.jpg
ファイル 9413-3.jpg
ファイル 9413-4.jpg
ファイル 9413-5.jpg
ファイル 9413-6.jpg
ファイル 9413-7.jpg
ファイル 9413-8.jpg
ファイル 9413-9.jpg
入庫準備にあたり作業においては、専用工具が必要となります。通常販売している汎用工具では、なく色々と調べていたらBMW専用工具があるのでドイツオーダーでBMW専用の工具を全て手配しました。入手に3か月以上もかかり 更に部品代よりもかなりな高額な工具でした(汗)次に作業方法を確実で的確な方法を探すために海外のネット情報からBMW専用テスターのデーターから調べて作業方法を見出し入庫となりました。ここまでにかなりな時間と手間がかかりましたが作業も簡単では、ありませんでした。でも事前準備とBMW純正専用工具のおかげで立ち止まることなく作業は、進んでいきました。テスター見ながらですからサクサクとは、いかなかったんですけどね。カムチェーン外したりオイルポンプ外したりと通常は、あまり見ることのない内部もお陰様で見ることもできました。途中でパッキンやらシールやら足りない純正部品も出てきて本国オーダーとなり入荷待ちで時間かかったりで進めてきました。写真のように純正のプーリー止めてるハブは、チェーン駆動のギアが固定式では、なくて ずれてしまう場合もあるようでエンジンブローするようです・・・エンジン積み替えで400万じゃ収まらないですから スプラインロックハブフルキットの方が安いですよね~

    

    GRスープラ CSF製ヒートEXチャンジャー+DCTフルードクーラー取り付け

ファイル 9408-1.jpg
ファイル 9408-2.jpg
ファイル 9408-3.jpg
ファイル 9408-4.jpg
ファイル 9408-5.jpg
ファイル 9408-6.jpg
ファイル 9408-7.jpg
ファイル 9408-8.jpg
ファイル 9408-9.jpg
こちらは、初ご来店のお客様のGRスープラにCSF製ヒートEXチャンジャー+DCTフルードクーラーの取り付けを行いました。スープラは、BMW製パーツがほとんどですから・・・とうことでB58エンジン用のヒートEXチャンジャーが普通に取り付け出来ます。そしてミッションもBMWと同じDCTでしてフルードクーラーも適合します。取り付けは、バンパー外して純正のクーラー本体と付け替えるといった作業になります。基本は、ボルトオンなんですが切ったり削ったりの小加工が必要です。気になるラジエター本体の大きさですが見た目は、?かわらん?って感じですが厚みが全然違いますね~B58エンジンは、インタークーラー本体は、なくマニホールドを水冷で冷やします。そのラジエターが別体のヒートEXチャンジャーとなります。たくさん冷えて悪いことは、ありません~DCTフルードクーラーも厚みが大きくなりフルードが冷えますよ!クーラントは、大人気のケミテックユーロGTにて交換を行いました。

    

    G30 523d ケレナーズチューニングモジュール取り付け

ファイル 9390-1.jpg
ファイル 9390-2.jpg
ファイル 9390-3.jpg
ファイル 9390-4.jpg
こちらは、先日に当店でKW車高調を取り付けしましたG30 523dのお客様に今回は、ブーストアップサブコンのケレナーズチューニングモジュールの取り付けを行いました。サブコンのメーカーは、数社ありますが一番重要なのは、価格よりも製品の信頼度だと思います・・・警告灯点灯してしまうケースも100パーセントないわけでは、ないので慎重なチョイスが購入時には、必要です。そこで経験豊富な専門店にご相談しましょう~というわけで老舗的なケレナーズチューニングモジュールは、信頼性が高い製品でして体感度もしっかりしてますよ~取り付けは、3か所のセンサーに割り込ませて電源をつなぐだけ!簡単取り付けで簡単にパワー、トルクが上がります~ケレナーズチューニングモジュールは、バイパスコネクターも標準装備で安心品質なサブコンとなります。取り付けもBMW専門店にお任せくださいね~

    

ページ移動

リンク集:スーパーコピーブランド,グッチ服 スーパーコピー,フェンディコピー,ウブロコピー,