記事一覧

    G15 M850i 3Dデザイン製フロントリップスポイラー、サイドスカート、トランクスポイラー取り付け作業編

ファイル 9766-1.jpg
ファイル 9766-2.jpg
ファイル 9766-3.jpg
ファイル 9766-4.jpg
こちらは、当店初ご来店のG15M850iのお客様に3Dデザイン製フロントリップスポイラー、サイドスカート、トランクスポイラーの取り付けを行いました。まずは、フロントリップスポイラーから取り付けです・・・ドライカーボン製品で軽量でフィーリングも良いスポイラーです~取り付けの際には、基本的なことですが仮合わせして位置決めしてボデイ側を綺麗に脱脂してから取り付けします。こちらは、純正ビスに友締めと両面テープで接着となります。
ファイル 9766-5.jpg
ファイル 9766-6.jpg
続いてトランクスポイラーの取り付けです~こちらは、純正トランクスポイラーの上から被せるかたちで両面テープで取り付けです。位置決めしてたら微妙に純正トランクスポイラーにかなさなるので純正トランクスポイラーを綺麗に外して位置決めして取り付けしました~
ファイル 9766-7.jpg
ファイル 9766-8.jpg
ファイル 9766-9.jpg
そしてサイドスカートも取り付けです。ドライカーボン製品で取り付けは、上側は、両面テープで接着にて底面は、純正サイドスカートに穴あけしてビス止めにて取り付けです。こちらも取り付けする際には、仮合わせして位置決めしてボデイ側を綺麗に脱脂してから取り付けします。完成の写真は、まとめて後日にブログで掲載いたします!

    

    F90M5 LCI 3Dデザイン製サイドスカート、パドルレバー取り付け

ファイル 9759-1.jpg
ファイル 9759-2.jpg
ファイル 9759-3.jpg
ファイル 9759-4.jpg
ファイル 9759-5.jpg
こちらは、昨日のブログの続編でしてF90M5後期型のお客様に3Dデザイン製フロントリップスポイラー、リアディフューザーを取り付けして更にサイドスカートも取り付けしました。こちらもドライカーボン製品で軽量かつ独特の形状となります。純正のサイドに両面テープとビス止めにて取り付けとなります。取り付け時には、位置合わせをした後にボデイ側を綺麗に脱脂してから取り付けします。フロントリップスポイラーからの流れで同一ブランド装着のデザインのまもとまり感がグッドです~
ファイル 9759-6.jpg
ファイル 9759-7.jpg
ファイル 9759-8.jpg
ファイル 9759-9.jpg
同時に3Dデザイン製カーボンパドルレバー取り付けをしてステアリングカバーは、Mパフォーマンス製をチョイスして取り付けしました~インテリアもまとまり更なる進化です~

    

    F90M5 LCI 3Dデザイン製フロントリップスポイラー、リアディフューザー取り付け

ファイル 9757-1.jpg
ファイル 9757-2.jpg
ファイル 9757-3.jpg
ファイル 9757-4.jpg
ファイル 9757-5.jpg
ファイル 9757-6.jpg
ファイル 9757-7.jpg
ファイル 9757-8.jpg
ファイル 9757-9.jpg
こちらは、浜松から初ご来店のF90M5後期型のお客様に3Dデザイン製フロントリップスポイラー、リアディフューザーの取り付けを行いました・・・F90M5後期型 初めて見ましたけど カッコイイです!凄くシャープでBMWらしいフェイス!そんなノーマルでもクールなM5に更にシャープでスポーティーになる3Dデザイン製フロントリップスポイラー、リアディフューザーを取り付けしました~リップ取り付けの際には、仮合わせして位置決めして取り付け面を綺麗に脱脂してから両面テープとビスにて固定します。リアディフューザー取り付けの際には、ボデイ側を綺麗に清掃してから取り付けします~フィッテング最高でサクっと完成の図です!いやーかなりカッコいい!戦闘機のようなフォルムに感動です~こちらの製品は、ドライカーボンで軽量でフィッテング最高でした!

    

    F36 435i 3Dデザイン製ルーフスポイラー取り付け

ファイル 9752-1.jpg
ファイル 9752-2.jpg
ファイル 9752-3.jpg
ファイル 9752-4.jpg
ファイル 9752-5.jpg
ファイル 9752-6.jpg
ファイル 9752-7.jpg
こちらは、F36 435iのお客様に3Dデザイン製品のルーフスポイラーを取り付けしました。3Dデザイン製ルーフスポイラーは、ウレタン製品で取り付け前に塗装が必要となります。今回は、ボディカラーのアルピンホワイトⅢに板金工場に運んで取り付け前に塗装しました。取り付けは、自店舗にてその場で短時間で取り付け出来ます。こちらの商品は、ガラスに両面テープで取り付けとなります。取り付け時には、仮合わせして位置決めをしてからガラス面を脱脂してからスポイラーを取り付けします。小ぶりな形状でありながら存在感ありのスマート形状なルーフスポイラーとなります~

    

    F15X5 35d 3Dデザイン製フロントリップスポイラー取り付け

ファイル 9743-1.jpg
ファイル 9743-2.jpg
ファイル 9743-3.jpg
ファイル 9743-4.jpg
ファイル 9743-5.jpg
ファイル 9743-6.jpg
ファイル 9743-7.jpg
こちらは、F15X5のお客様に3Dデザイン製フロントリップスポイラーカーボンの取り付けを行いました。スポイラー取り付け前にスポイラーを当店提携先の板金工場に運んでクリア塗装を行いました。カーボン製品には、クリア塗装は、施工した方が良いかと思います。紫外線による変色の防止に効果がありクリア塗装することによって更なる艶がますのでお勧めです。取り付けの方は、スポイラーを車両に仮合わせをして取り付け位置決めをしてから接着面を綺麗に脱脂してから両面テープとバンパー底面に穴あけしてボルト、ナットで固定します~完成の図を見てわかるようにスポーティーな印象のX5に変身です~カーボン目も綺麗で商品クオリティも良いですね~

    

    F36 420i 3Dデザイン製カーボンフリッパー取り付け

ファイル 9741-1.jpg
ファイル 9741-2.jpg
ファイル 9741-3.jpg
ファイル 9741-4.jpg
ファイル 9741-5.jpg
ファイル 9741-6.jpg
ファイル 9741-7.jpg
ファイル 9741-8.jpg
こちらは、先日に当店で3Dデザイン製フロントリップスポイラーを取り付けしましたF36 420iのお客様に今回は、3Dデザイン製カーボンフリッパーの取り付けを行いました。カーボンフリッパーは、3Dデザイン製フロントリップスポイラー専用品でリップスポイラーの下側にビス止めで取り付けするフリッパーとなります。取り付け時には、仮合わせして取り付け位置を決めてリップスポイラーに穴あけをして両面テープとビス止めにて取り付けします。見た目で大きなイメチェンが期待できるパーツですね~装着後は、ロードクリアランス注意で運転してくださいね~

    

    F87M2コンペティション 3Dデザインフロントバンパースポイラー取り付け

ファイル 9737-1.jpg
ファイル 9737-2.jpg
ファイル 9737-3.jpg
ファイル 9737-4.jpg
ファイル 9737-5.jpg
ファイル 9737-6.jpg
ファイル 9737-7.jpg
ファイル 9737-8.jpg
ファイル 9737-9.jpg
こちらは、先日のブログで3Dデザインレーシングウィングを取り付けしました当店の常連様なお客様に今回のブログでは、3Dデザイン フロントバンパースポイラーの取り付けを行いました・・・実は、フロントバンパーのオーダーを先に頂いておりまして入庫時にフロントのダウンフォースが向上するのでリアは、どうしますか???と私の一言に一つ返事でリアウィングもオーダー頂いた次第でして どちらも即納品でした!3Dデザインフロントバンパースポイラーは、2ピースの部品構成でしてバンパー部分は、FRP製となります。取り付けには、塗装が必要なので ご入庫頂いてから現車のバンパーを外して3Dデザインフロントバンパースポイラーと一緒に提携先の板金工場に運んでバンパーの色合わせをして塗装に入ります。下のカーボンスポイラー部分は、後から取り付けするような感じです・・・純正バンパーに比べると超軽量なスポイラーです。カーボンスポイラー部分は、ドライカーボン製品でボルトオンでバンパー部分とドッキングします。純正ナンバーベースは、加工して移植してPDCは、端の2か所は、カーボン部分に取り付けするので黒に塗装しました~純正のフェンダーライナーもアンダーカバーもフィッティングよく付いて仕上がりも違和感なく取り付け出来ました。そして完成後のフロントフェイスは、まるで別の車?のようにシャープな顔つきでめちゃくちゃかっこいいです!!!ロードクリアランスは、3Dデザインリップ装着車よりも確保されているのが不思議です・・・いやー現車で見てほしい!!!

    

    F87M2コンペティション 3Dデザイン製レーシングウィング取り付け

ファイル 9733-1.jpg
ファイル 9733-2.jpg
ファイル 9733-3.jpg
ファイル 9733-4.jpg
ファイル 9733-5.jpg
ファイル 9733-6.jpg
ファイル 9733-7.jpg
ファイル 9733-8.jpg
ファイル 9733-9.jpg
こちらのF87M2コンペティションの常連様なお客様に今回のご入庫は、3Dデザイン製レーシングウィングの取り付けを行いました・・・フロントバンパー外れてて何の車種だか分からない写真ですね~フロントバンパーが外れているのは、その後のブログで分かるのでお楽しみに~さて本題のレーシングウィング取り付けですがトランクに穴あけして裏から補強のステーを挟んで取り付けと文では、簡単ですが作業は、すぐには、終わりません・・・まずは、トランクに養生をして取り付け位置を正確に計測してトランクに6か所穴あけして穴あけして所は、タッチアップペイントをしてトランク裏は、切ったり削ったりで切った所は、タッチアップペイントして…色々と丁寧に作業して完了です~なかなかレーシーな雰囲気で良いですね~ちゃんとダウンフォースの機能もあるのでリアの接地感が増しますよ~ウィング本体は、ドライカーボン製品で軽量でカーボン目も綺麗に出来ております~

    

    G02 X4 M40i 3Dデザイン製サイドスカート取り付け

ファイル 9727-1.jpg
ファイル 9727-2.jpg
ファイル 9727-3.jpg
ファイル 9727-4.jpg
ファイル 9727-5.jpg
ファイル 9727-6.jpg
ファイル 9727-7.jpg
ファイル 9727-8.jpg
ファイル 9727-9.jpg
こちらは、当店の常連様なお客様のX4 M40iに3Dデザイン製サイドスカートの取り付けを行いました。以前に当店で3Dデザイン製フロントリップ、トランスポイラー、リアディフューザーを取り付けされたお客様で全てカーボン製品のスポイラーが付いております・・・今回は、サイドスカートの取り付けです~3Dデザイン製サイドスカートは、ドライカーボンの高額なスポイラーとなります。ちなみにフロントリップやリアディフューザーは、ウェットカーボン製となります。ドライカーボン製なのは、恐らく形状的な問題でかと思いますが・・・薄く出来ていて純正のサイドスカートに被せるように取り付けします。ドア前方の下に点灯するLED部分もちゃんとよけていて機能するところも良いですね~作りは、純正品のようなクオリティで綺麗に付きますよ~取り付けは、両面テープとビス止めとなります。取り付け時には、接着面を綺麗に脱脂してから仮合わせして位置決めしてから取り付けしております~純正品に追加して取り付けするのでサイドの印象が更にボリューム感が増したイメージとなります!

    

    G20 M340i 3Dデザイン リアディフューザー取り付け

ファイル 9726-1.jpg
ファイル 9726-2.jpg
ファイル 9726-3.jpg
ファイル 9726-4.jpg
ファイル 9726-5.jpg
ファイル 9726-6.jpg
ファイル 9726-7.jpg
こちらは、以前に当店で3Dデザイン製4テールカーボンテールのマフラーを取り付けしましたG20M340iのお客様に今回は、純正ディフューザーから3Dデザイン製カーボンディフューザーの交換作業でご入庫頂いました。3Dデザイン製カーボンリアディフューザーは、純正のディフューザーに比べより立体的な形状をしていて材質は、ウェットカーボン製品となります。取り付けの際には、ボディ側部分を綺麗にしてから取り付けします。作業の際には、バンパーまわりに傷が付かないようにマスキングテープを貼って作業します。今回は、カーボンテールマフラーのテール部分が汚れていたので綺麗にしてからリアディフューザーを取り付けしました。カーボンテールとカーボンディフューザーのマッチングもよく綺麗に付きました~なかなか豪華なリアビューとなりました!

    

ページ移動

リンク集:スーパーコピーブランド,グッチ服 スーパーコピー,フェンディコピー,ウブロコピー,