記事一覧

    F80M3 M4GT4ブレーキダクト、カナード取り付け完成編!

ファイル 7142-1.jpg
ファイル 7142-2.jpg
ファイル 7142-3.jpg
ファイル 7142-4.jpg
ファイル 7142-5.jpg
ファイル 7142-6.jpg
ファイル 7142-7.jpg
こちらは、先日からのブログの完結編となります・・・
F80M3の常連様なお客様にM4GT4ブレーキダクト、カナードの取り付けを行いました!BMW純正のレーシングパーツなのでクオリティも高くフィッテングよく綺麗に付きました。フロントのダウンフォースは、最高に良さそうです~ブレーキダクトも機能的かつ美しいデザインです~フロントフェイスは、迫力あり過ぎて後ろからきてルームミラーに映ったら即 道を譲ってしまうほどですね・・・これでFSW ラジアル1分52秒は、間違いなしです!!!

    

    F80M3 M4GT4ブレーキダクト、カナード取り付け②

ファイル 7141-1.jpg
ファイル 7141-2.jpg
ファイル 7141-3.jpg
ファイル 7141-4.jpg
ファイル 7141-5.jpg
ファイル 7141-6.jpg
こちらは、昨日のブログの続きとなります・・・
M3の常連様なお客様に・・・レーシングパーツM4GT4ブレーキダクト、カナードの取り付けを行いました。ブレーキダクトは、ホースを引くのでダクトを付けて終了では、ありません。ダクトを購入するとホースは、付いてきます。GT4に装着しているホースと同じ部品で実際のレースでも使用されている部品です。ダクトに固定してからブレーキローターまで取り付けします。ブレーキローター側の部品は、付属では、ないので作るしかありません。せっかく作るなら綺麗に耐久性のある素材でと・・・アルミ製のファンネルを用意してローターカバーに綺麗に穴あけしてボルト、ナットで固定しました。かなり冷却効果は、期待出来ますね~
ファイル 7141-7.jpg
ファイル 7141-8.jpg
同時にお客様のリクエストでMパフォーマンス製サイドスポイラーM2用を加工してM3に装着してみました!タイヤとツライチになるよう位置決めして工夫して取り付けを行いました

    

    F80M3 M4GT4カナード、ブレーキダクト取り付け

ファイル 7137-1.jpg
ファイル 7137-2.jpg
ファイル 7137-3.jpg
ファイル 7137-4.jpg
ファイル 7137-5.jpg
ファイル 7137-6.jpg
ファイル 7137-7.jpg
ファイル 7137-8.jpg
こちらは、F80M3の常連様なお客様に・・・
前回ドライビングレッスン前に大人買い頂いてフルカスタムした車両です。FSWでサーキット走行を楽しまれている常連様に納期がだいぶかかりましたがM4GT4パーツのブレーキダクト、カナードの取り付けを行いました。M4GT4パーツは、レースカーのパーツでドライカーボンで出来ております。軽量と強度は、さすがのレース用パーツです。BMW純正のレースパーツなので納期も凄いですが価格も凄いです・・・まずは、届いてからクリア塗装を行いました。ドライの塗装は、困難で3度塗りどころか4度塗りでこのツヤツヤ感が出ました!そして取り付けは、テンプレートが無いのでネットのGT4の写真を頼りに位置決めをして左右対称になるように自作テンプレートで慎重に穴あけを行いました。通常でしたら穴あけして裏からボルト、ナットと固定で完成となりますがM3/M4バンパーは、裏から補強があり穴あけした部分は、ほとんどが袋状の構造で・・・そこから工夫してナットを締め付け出来るように作業しました。よって通常より時間がかかる作業となりました。その②に続きます~

    

    F80M3 3Dデザイン製GTウィング、トランスポイラー取り付け

ファイル 7104-1.jpg
ファイル 7104-2.jpg
ファイル 7104-3.jpg
ファイル 7104-4.jpg
ファイル 7104-5.jpg
ファイル 7104-6.jpg
ファイル 7104-7.jpg
ファイル 7104-8.jpg
こちらは、常連様のお客様のF80M3に3Dデザイン製GTウィングとトランクスポイラーを取り付けしました~
リアビューは、かなりハードなイメージに変身です!カーボン部分は、全てUVによる色あせ防止のクリア塗装を行いウィングの翼端は、ボディカラーにペイントしてから取り付けしました。こちらのお客様は、FSWをハードに走るのでウィングは、補強ステーをワンオフしての取り付けです!これで外装カスタムの第一弾は、終了ですが5月後半に第二弾で再度御入庫です!明日のドライビングレッスンまでに完成して一安心です・・・

    

    F80M3 HYPER STYLE製サイドスカート取り付け

ファイル 7099-1.jpg
ファイル 7099-2.jpg
ファイル 7099-3.jpg
ファイル 7099-4.jpg
ファイル 7099-5.jpg
ファイル 7099-6.jpg
こちらは、先日のブログの続きとなります
M3の常連様のお客様に当社オリジナルブランドHYPER STYLE製サイドスカートとUVによる色あせ防止のクリア塗装を行ってから取り付けしました。HYPER STYLE製サイドスカートは、F30用がF80M3には、適合致します。取り付けは、純正サイドスカートを外して穴あけしてボルト、ナットで固定します。ガッツリ固定するのでハードでハイスピードなサーキット走行をしても外れる心配は、ありません~控え目なデザインですがスッキリオシャレに仕上がります~

    

    F80M3 ボルシュタイナー製フロントリップ、リアディフューザー取り付け

ファイル 7096-1.jpg
ファイル 7096-2.jpg
ファイル 7096-3.jpg
ファイル 7096-4.jpg
ファイル 7096-5.jpg
こちらは、常連様のお客様のF80M3に今回は、外装カスタム編で大人買いで御入庫頂きました!まずは、ボルシュタイナー製フロントリップ VRS GTSの取り付けを行いました。カーボン製品で軽量なフロントスポイラーとなります。取り付けは、ビス止めとなりますが こちらのお客様は、サーキット走行を凄いスピードで走るので・・・FSWも凄いタイムです・・・よってビス止めのみだと確実に脱落するのでスポイラー本体に数か所穴あけしてボルト、ナット止めをしました。かなりな強度で外れることは、無いでしょう~シンプルなデザインですが雰囲気変わりますね~
ファイル 7096-6.jpg
ファイル 7096-7.jpg
ファイル 7096-8.jpg
ファイル 7096-9.jpg
リアディフューザーも同時にボルシュタイナー製 VRS GTSにて取り付けです~リップもディフューザーもセットでUVによる色あせ防止のクリア塗装をしてからの取り付けです~前後セットで50万円オーバーの高額なスポイラーとなります。取り付けは、こちらもビス止めのみなので脱落防止の為、取り付け穴の空けなおしをしてボルトナットで固定しました。リアの一部が強度不足のような感じなのでマフラー外してアルミのステーを作って固定のステーを追加しました。見た目は、立体感があってリアが分厚く見えて迫力です~

    

    F20M135i前期型  end cc製カーボンフロントリップ取り付け

ファイル 7088-1.jpg
ファイル 7088-2.jpg
ファイル 7088-3.jpg
ファイル 7088-4.jpg
ファイル 7088-5.jpg
ファイル 7088-6.jpg
こちらは、以前に当店でKWバージョンⅢ車高調を取り付けしましたM135iのお客様に今回は、end cc製カーボンリップの取り付けを行いました。取り付け前に板金工場でUV色あせ防止の為のクリア塗装を行いました。クリア塗装をすると色あせ防止にもなりますし艶も更に深く綺麗に見えます。取り付けは、両面テープと純正ビスの友締めで取り付け前に仮合わせをして位置決めしてから綺麗に付けます~なかなかシャープなデザインで顔つきも変身します~

    

    F82M4前期型 3Dデザイン製フロントリップ、トランクスポイラー取り付け

ファイル 7087-1.jpg
ファイル 7087-2.jpg
ファイル 7087-3.jpg
ファイル 7087-4.jpg
ファイル 7087-5.jpg
ファイル 7087-6.jpg
こちらは、F30 320iからM4にお乗り換えの常連様のお客様に今回は、3Dデザイン製フロントリップ、トランクスポイラーの取り付けを行いました。前回入庫の時にKWバージョンⅢにて車高を落としました。スポイラー取り付け時には、仮合わせして位置決めをします。両面テープで付ける際には、ボディ側を綺麗にしてから脱脂を十分に行います。
ファイル 7087-7.jpg
ファイル 7087-8.jpg
ファイル 7087-9.jpg
M4用の3Dデザイン製フロントリップ、トランクスポイラーは、ドライカーボンに近い製品でスポイラー重量も軽量で強度も高く出来ております。もちろん安心の日本製品でフィッテング良く付きます。

    

    F31 Mパフォーマンス製リップスポイラー取り付け

ファイル 7083-1.jpg
ファイル 7083-2.jpg
ファイル 7083-3.jpg
ファイル 7083-4.jpg
ファイル 7083-5.jpg
ファイル 7083-6.jpg
ファイル 7083-7.jpg
こちらは、F31のお客様のバンパーを板金修理で部分塗装を行ってからMパフォーマンス製リップスポイラーの取り付けを行いました。Mパフォーマンス製リップスポイラーは、2ピースにてフレームを先にバンパーに固定してからスポイラーを被せる要領で取り付けします。フレームの固定は、プラ製のリベットで固定と推奨されていますが当店では、数か所ボルト、ナット、ビス止めに変更して外れにくいように固定してから取り付けしております。さすがの純正品スポイラーで綺麗に付きますよ~

    

    F36 420i 3Dデザイン製カーボントランクスポイラー取り付け

ファイル 7074-1.jpg
ファイル 7074-2.jpg
ファイル 7074-3.jpg
ファイル 7074-4.jpg
ファイル 7074-5.jpg
こちらは、初ご来店のF36 420iのお客様に大人気の3Dデザイン製カーボントランクスポイラーの取り付けを行いました。日本製ならでは、の製品クオリティの高さでフィッテング良く付きます。カーボン目も平織で綺麗に出来ております。スタイリングも小ぶりに見えますが装着すると立体感が良く変身出来ますよ~

    

ページ移動