記事一覧

    E87 N46エンジン オイル漏れ修理

ファイル 3205-1.jpg
ファイル 3205-2.jpg
ファイル 3205-3.jpg
こちらは、先日、当店で12か月点検でご入庫頂いたE87 118のお客様が今回は、オイル漏れ修理でご入庫頂きました・・・12か月点検の際にオイル漏れを発見してその後、オイル漏れの進行がひどくなってきたので即作業となりました。まずは、こちらは、バキュームポンプからのオイル漏れの修理作業となります。N46エンジン(320、118、120)搭載車両には、多いオイル漏れ症状です。走行時にエンジンルームから焦げ臭いことがあれば間違いなくバキュームポンプからオイルが漏れてマフラーにつたわり燃えて焦げ臭い感じとなります。本体は、分解は、出来るのですがパッキンのみで部品が出ないので本体ごと交換となります。よくあるパターンなんですが一度交換してもまた年数や距離が増えると同じ部分から漏れが生じます・・・以前にディーラーで交換したというお客様のお車でもこのパターンは、あります。部品の作りの問題なんですかね?困ります・・・
ファイル 3205-4.jpg
ファイル 3205-5.jpg
ファイル 3205-6.jpg
こちらもN46エンジンには、多いオイル漏れの症状ですがおなじみのエレメントブロックのパッキン交換となります。パッキンは、小さなゴム製ですがここからよくオイルが漏れております・・・ひどくなるとエンジン側面やアンダーカバーにオイルがたまります・・・こちらも早期発見したら即、対処しましょう・・・
ファイル 3205-7.jpg
ファイル 3205-8.jpg
今回は、サービスでスロットルバルブの洗浄を行いました。かなり汚れていたので・・・汚れているとアイドリングが不安定になります。こちらもN46エンジン独特の不具合症状です。洗浄によりアクセルレスポンスも良くなることでしょう・・・オイル漏れの修理をしたら漏れていたオイルの洗浄も高圧洗浄機で綺麗に洗浄しております!