記事一覧

    F20 118d バッテリー交換作業

ファイル 10054-1.jpg
ファイル 10054-2.jpg
ファイル 10054-3.jpg
ファイル 10054-4.jpg
ファイル 10054-5.jpg
こちらは、F20 118dのお客様のバッテリー交換を当店お勧めのユーロAGMバッテリーにて交換を行いました。ユーロバッテリーは、ヤナセの製品でボッシュが生産しているリーズナブルな価格で交換できるバッテリーとなります。純正品に比べるととてもお買い得なバッテリーです。当店で交換作業の際には、バックアップ電源を車両に接続してからバッテリーを外しております。メモリー電源の確保の為となります。交換後は、BMW専用テスターを車両に接続してバッテリー交換の履歴を書き換えしております。バッテリー交換のお問い合わせは、現車のサイズ確認が必要となります。バッテリー上部の記号を教えていただければ幸いです

    

    E60M5 ウィンドウレギュレーター交換

ファイル 10053-1.jpg
ファイル 10053-2.jpg
ファイル 10053-3.jpg
ファイル 10053-4.jpg
ファイル 10053-5.jpg
こちらは、メンテ作業でよく入庫されるお客様のE60M5の修理作業を行いました・・・修理の入庫や車検整備の入庫が多いビープラスでございます。今回は、リアのガラスが閉まらなくなったと連絡がありまして即入庫となりました。早速点検してみたらパワーウィンドウのレギュレーターが壊れてました・・・EモデルのBMWでは、多いですね(汗)ガラスが落ちて上がってこないとか・・・すぐに部品の手配をして作業は、即完了です。でもドアは、4枚あるので1か所壊れるとあと3枚分が不安ですね~そんな時は、すぐ連絡下さいね~

    

    F31 オイルポンプ、ハイドロリックバルブ、オイルプレッシャーセンサー交換作業

ファイル 10052-1.jpg
ファイル 10052-2.jpg
ファイル 10052-3.jpg
ファイル 10052-4.jpg
ファイル 10052-5.jpg
ファイル 10052-6.jpg
ファイル 10052-7.jpg
ファイル 10052-8.jpg
こちらは、F31 335iのお客様のオイルポンプ、ハイドロリックバルブ、オイルプレッシャーセンサーの交換を行いました。エラーが一時的に出たようで当店でテスター診断したところオイルの油圧異常のエラーが残っておりました・・・テストプランで進んでいくとオイルポンプ、ハイドロリックバルブ、プレッシャーセンサーの一連の異常が見受けられお客様にお伝えしたところ最近に他店で中古車で購入したようで保証が付いているとのことでして・・・保証で修理が良いと伝えたところ当店で修理がしたいと言われまして保証会社にお客様が問い合わせしたところ当店で修理で保証会社が修理代を負担するとのことで再入庫して修理を行いました。オイルポンプ交換は、割と大作業になります。フロントメンバーおろしてパワステ本体外してオイルパンも外してストレーナーも外すとやっと出てきます。そしてオイルポンプは、チェーン駆動でカムシャフトのチェーンとつながっていて なかなか外れませんでした・・・なんとか外して一連の部品を全て交換をしてテスターつないで色々と作動前の確認を行いオイルも入れて始動をして試走を行い再度テスター診断を行いエラーが無いかチェックして完成です。と文面では、すぐ終わりみたいになりますが なかなか時間がかかりました(汗)車両の写真は、撮影忘れてました・・・

    

    G29 Z4 M40i 3Dデザイン製サイドスカート取り付け

ファイル 10051-1.jpg
ファイル 10051-2.jpg
ファイル 10051-3.jpg
ファイル 10051-4.jpg
ファイル 10051-5.jpg
ファイル 10051-6.jpg
ファイル 10051-7.jpg
ファイル 10051-8.jpg
ファイル 10051-9.jpg
こちらは、G29Z4M40iのお客様に3Dデザイン製サイドスカート取り付けを行いました。3Dデザイン製サイドスカートG29用は、カーボン製品となります。ボディラインに合わせたデザインなので端と端は、複雑な形状をしており取り付け時に隙間出ないかな???と不安ながらも仮合わせしてみたらフィッテングは、大丈夫でした当店で取り付けの際は、仮合わせしてから取り付け位置決めを行い両面テープで取り付けする部分は、しっかり脱脂をしてから取り付けしております。こちらの製品は、穴あけしてビス止めとなります。控えめな大きさのスポイラーですが取り付けするとボトムラインのボリューム感が出て良い感じになりますね~

    

    G20 320i ボディコーティング ラスターコート施工

ファイル 10050-1.jpg
ファイル 10050-2.jpg
ファイル 10050-3.jpg
ファイル 10050-4.jpg
ファイル 10050-5.jpg
ファイル 10050-6.jpg
ファイル 10050-7.jpg
ファイル 10050-8.jpg
こちらは、当の元デモカーG20 320iを以前にご購入頂いて車検の時期が来たので当店で車検整備を行い同時にボディコーティング施工も行いました・・・今回施工したのは、ラスターコートプレミアムとなります。施工は、当店の外注専門業者にて当店の工場で施工してます。まずは、水洗い洗車をして塗装面に鉄粉がある場合は、トラップ粘土で除去します。その後は、ひたすらとボディ面の磨きをします。磨きの作業が一番大変で時間がかかります。ポリッシャーとバフの組み合わせを数種類使用して光を当てて磨いていきます。磨きが完成した時点で もうボディは、艶々の輝きとなります。磨きが終わりましたら2液性のコーティング施工なので1回目のコーティング剤を塗ってから乾燥させて2回目のコーティングを塗ってから細部の仕上げとなります。艶も凄いのですが撥水性も凄いので洗車が楽になり新車以上の輝きとなります。

    

    G20 320i ビープラス車検③

ファイル 10049-1.jpg
ファイル 10049-2.jpg
ファイル 10049-3.jpg
ファイル 10049-4.jpg
先ほどのブログの続きでこれで完成編です・・・G20 320iのお客様のワイパーブレードを純正品にて交換を行い車検キャンペーンご利用にてアライメント調整を行いましてバッテリー診断を行いBMW専用テスターにて診断を行いエラーチェック、消去、サービスインターバルリセットを行い納車前に洗車をして作業は、完了となります!

    

    G20 320i ビープラス車検②

ファイル 10048-1.jpg
ファイル 10048-2.jpg
ファイル 10048-3.jpg
こちらも先日からの車検整備ブログの続編となります。当店の元デモカーでしたG20 320iのお客様の車検整備を行いました。当店のメンテメニューで大人気のメンテ3点セット!ビルシュタインカーボンクリーン、ペトロナスエンジンクリーニングを施工してからビープラスオリジナルルブロス製オイルS-TB0W-40にてオイル交換を行いました。
ファイル 10048-4.jpg
ファイル 10048-5.jpg
ファイル 10048-6.jpg
スナップオンACガスクリーニングを施工しました。施工後のAC吹き出し口温度は、1度ほど下がりました。

    

    E92 325i ビープラス車検③

ファイル 10047-1.jpg
ファイル 10047-2.jpg
ファイル 10047-3.jpg
ファイル 10047-4.jpg
ファイル 10047-5.jpg
こちらは、先日からの車検整備ブログの続編となります。E92 325iのお客様のオイル漏れ修理でエレメントブロックパッキンを交換しました。漏れたオイルがウォーターホース、クーラントホースに付いて熱でホースが変形していたので同時にホースも交換をして漏れたオイルを高圧洗浄で綺麗にしてからビープラスオリジナルルブロス製オイルS-NA0W-40にてオイル交換を行いました。
ファイル 10047-6.jpg
ファイル 10047-7.jpg
バッテリー診断を行いBMW専用テスターにて診断を行いエラーチェック、消去、サービスインターバルリセットを行い納車前に洗車をして作業は、完了となります。

    

    明日は、店舗不在となります・・・

ファイル 10046-1.jpg
ブログタイトル通り
明日なんですが車両運搬業務の為
終日店舗不在とさせて頂きます
明日のお電話でのお問い合わせ及びメールのお問い合わせは、
お受けすることが出来ませんので
予めご了承ください。
メールのお問い合わせに関しては、。火曜日以降で
返信致します。
尚、明日のブログもお休みさせて頂きます。
何卒宜しくお願い致します。

    

    元デモカー里帰り・・・

ファイル 10045-1.jpg
こちらは、当店の元デカーG20 320iが車検整備でご入庫です~
前回のBMWファミーリエで現在のオーナー様のご厚意でお貸出し頂いて以来の里帰りでございます!現在のオーナー様は、とても大切に乗っていられるようで程度極上な状態で嬉しい限りです!自画自賛には、なりますがとてもシンプルでクールなG20です~
ファイル 10045-2.jpg
ファイル 10045-3.jpg
ファイル 10045-4.jpg
ファイル 10045-5.jpg
ファイル 10045-6.jpg
毎度毎度とは、なりますが当店の車検整備においては、ブレーキキャリパーの洗浄とパッドは、前後とも外して表面の洗浄とグリスアップを行いキャリパーシールからのフルードにじみ点検を行いハブ部分の錆取り、防錆処理を行いホイールは、裏も表も綺麗に洗います。同時に車検毎にお勧めしておりますブレーキフルードは、純正同等品のDOT4使用にて交換を行いクーラント交換は、純正品使用にて交換を行います。
ファイル 10045-7.jpg
ファイル 10045-8.jpg
エアコンフィルターは、簡易洗浄を行いACフィルターは、抗菌タイプ使用にて新品交換を行いました。

    
リンク集:スーパーコピーブランド,グッチ服 スーパーコピー,フェンディコピー,ウブロコピー,