記事一覧

    F20 116i ビルシュタインB12サスキット取り付け

ファイル 9488-1.jpg
ファイル 9488-2.jpg
ファイル 9488-3.jpg
ファイル 9488-4.jpg
ファイル 9488-5.jpg
ファイル 9488-6.jpg
ファイル 9488-7.jpg
こちらは、F20 116iのお客様にビルシュタインB12プロキットの取り付けを行いました。今回は、同時にフロント、リアのアッパーマウントも同時に交換を行いました。いざ作業に入るとフロントのダストブーツも切れて分離していたので こちらのパーツも同時に交換しました。再利用できる純正部品は、取り付け前に綺麗にしてから組み込んでいきます。ビルシュタインB12プロキットは、ビルシュタインのショートストロークショックB8とアイバッハダウンサスのプロキットの組み合わせの製品となります。しっかりしたハンドリングと脚の動きが特長のサスキットとなります。車高は、Mスポーツ車から前後とも15mm程度のローダウンとなります。走りのリフレッシュは、メールにてお問い合わせ下さい!

    

    F31 320d ビルシュタインB12プロキット取り付け

ファイル 9477-1.jpg
ファイル 9477-2.jpg
ファイル 9477-3.jpg
ファイル 9477-4.jpg
ファイル 9477-5.jpg
ファイル 9477-6.jpg
ファイル 9477-7.jpg
ファイル 9477-8.jpg
ファイル 9477-9.jpg
こちらは、当店初ご来店のお客様のF31 320dにビルシュタインのサスキット B12プロキットの取り付けを行いました。B12プロキットは、ビルシュタインB8ショックとアイバッハスプリングプロキットの組み合わせとなります。B8ショックは、ローダウンスプリングとの組み合わせが可能なショートストロークな単筒式のスポーティーな乗り味が特長のサスキットとなります。今回の取り付けのお客様の車両は、走行距離が8万キロオーバーな状態でアッパーマウント前後とバンプラバー、ブーツのリアも同時に交換しました。リアのバンプラバーは、ボロボロな状態でした・・・このままにしておくと間違いなくショックからフルードを吹いてショックは、終了となるでしょう・・・当店の取り付け作業の際には、再利用する純正部品は、綺麗にしてから新品のショックに組み付けしていきます。脚関連の純正部品のところに よく砂利がかんでいるので全て除去してからサスキットを組み付けて行きます。2時間程度で作業は、完了して 写真のようなローフォルムになり走りもリフレッシュ出来ます。フロントは、Mスポーツ車高から20mm程度 リアは、15mm程度のローダウンとなりました。

    

    G20 320d Xドライブ H&Rダウンサス取り付け

ファイル 9471-1.jpg
ファイル 9471-2.jpg
ファイル 9471-3.jpg
ファイル 9471-4.jpg
ファイル 9471-5.jpg
ファイル 9471-6.jpg
ファイル 9471-7.jpg
こちらは、当店初ご来店のお客様のG20 320dにH&Rダウンサスの取り付けを行いました。Xドライブ車両は、4WDとなりますのでフロントドライブシャフトがあるので作業が少し困難です・・・G20よりもE90よりもF30系が一番作業性が良いかもですね。基本構造は、変わらないのですがノーマルスプリングの長さやアッパーマウントの構造が関係しているんです~さてさて本題ですが当店で作業の際には、再利用する純正部品は、綺麗にしてから組付けしていきます。H&Rダウンサスは、適合車種が豊富でリーズナブルなところが人気ですね。こちらは、ノーマル車高から20mm程度ローダウンして完成です!

    

    F36 435i H&Rダウンサス取り付け

ファイル 9470-1.jpg
ファイル 9470-2.jpg
ファイル 9470-3.jpg
ファイル 9470-4.jpg
ファイル 9470-5.jpg
こちらは、昨日のブログで登場しましたF36 435iのお客様にH&Rダウンサスの取り付けを行いました。H&Rダウンサスは、リーズナブルにローダウンを行うには、最適なアイテムです。作業の際には、再利用する純正部品は、綺麗にしてからH&Rダウンサスを純正ショックと一緒に組み付けしていきます。作業は、2時間程度で完成です!ダウンサス新品取り付け後に500キロ以上走行して頂いてから再来店でアライメント調整を行います。こちらは、Mスポーツ車高から15mm程度ローダウンしました。

    

    F85X5M KWバージョンⅢ車高調取り付け

ファイル 9467-1.jpg
ファイル 9467-2.jpg
ファイル 9467-3.jpg
ファイル 9467-4.jpg
ファイル 9467-5.jpg
ファイル 9467-6.jpg
こちらは、先日に当店でH&Rダウンサスの取り付けを行いましたF85X5Mのお客様に今回は、KWバージョンⅢ車高調の取り付けを行いました。走りのレベルアップを目的とした脚の交換作業となりました。KWバージョンⅢ車高調の商品内容は、フロントは、通常の車高調と同じ部品構成でリアは、車両がエアサスなのでショックとレベライザーのロッドとなります。再利用する純正パーツは、綺麗にしてからKWバージョンⅢ車高調に組み付けていきます。純正のEDC機能は、キャンセラーでキャンセルするのですがKW製品は、コンパクトで良く出来ていると思います。傾斜センサーもちゃんとショック本体に移設出来るのでさすがのKW製品と思います。今回は、ダウンサスの車高からフロントは、8mmUPでリアは、ダウンサス装着時と同じ車高でセットアップしました。KWバージョンⅢ車高調は、2WAYの減衰調整が可能でセッテング幅が多い車高調となります~

    

    F87M2コンペティション KWバージョンⅢ車高調取り付け

ファイル 9458-1.jpg
ファイル 9458-2.jpg
ファイル 9458-3.jpg
ファイル 9458-4.jpg
ファイル 9458-5.jpg
ファイル 9458-6.jpg
ファイル 9458-7.jpg
こちらは、F22M235iからF87M2コンペにお乗り換えの当店の常連様なお客様にKWバージョンⅢ車高調の取り付けを行いました。前回ご来店時に車高調の話をされていて定価が上がる前にM2コンペ用とF82M4/F80M3を余分にオーダーしていたので定価の上がる前の特価にて1台のみ販売しますよ~と言ったところ即買いして頂きました!前車もKW車高調を取り付けしていたのでKWお気に入りのお客様です~取り付け時には、再利用する純正部品は、綺麗にしてから組付けしております。KWバージョンⅢは、2WAYの減衰調整が可能なオールラウンドプレーヤーな脚です。もちろん減衰調整は、何度でも無料でしますよ~不快な突き上げもなくしなやかな脚の動きになり高速域でも安心して走れます~今回は、ノーマル車高から25mm程度ローダウンしました。F80M3/F82M4 EDC無し用のKWバージョンⅢ1台分のみ定価が上がる前の価格でご提供出来ますよ~気になる方は、メールにてお問い合わせ下さい

    

    E92M3スーパーチャージャー車両 KW車高調クラブスポーツ3WAY取り付け

ファイル 9438-1.jpg
ファイル 9438-2.jpg
ファイル 9438-3.jpg
ファイル 9438-4.jpg
ファイル 9438-5.jpg
ファイル 9438-6.jpg
ファイル 9438-7.jpg
ファイル 9438-8.jpg
ファイル 9438-9.jpg
こちらは、当店で先日にスーパーチャージャー取り付け、OS製LSD取り付け、強化クラッチ取り付けと行いました常連様なお客様のE92M3の車高調を交換しました。KW車高調DDCが付いていましたがスーパーチャージャー取り付けにより大幅なパワーアップをしたので脚のバージョンアップで走りのクラブスポーツ3WAYの取り付けを行いました。KW車高調クラブスポーツ3WAYは、街乗り高速域重視からサーキット走行まで可能な走りが高次元で楽しめる車高調となります。フロントは、ピロアッパーマウント装備でキャンバー角調整も可能なモデルとなります。前後とも別タンク装備でショックの容量もバージョンⅢに比べると大きいタイプとなり3WAYの減衰調整が可能な高価な車高調となります。サーキット走行も出来ますが街乗りも問題なく走行できます。リバンプとバンプロー、ハイの別々の減衰調整が可能です。車高は、DDC装着時のフロント5mm上げ程度でリアは、以前と同じで調整しました。

    

    F36 420i H&Rダウンサス取り付け

ファイル 9426-1.jpg
ファイル 9426-2.jpg
ファイル 9426-3.jpg
ファイル 9426-4.jpg
ファイル 9426-5.jpg
ファイル 9426-6.jpg
ファイル 9426-7.jpg
こちらは、当店初ご来店のお客様のF36 420iにH&Rダウンスプリングの取り付けを行いました。取り付け時には、再利用する純正部品は、綺麗にしてから当店では、取り付けしております。H&Rダウンサスは、適合車種も豊富でリーズナブルな価格でローダウン化をご希望のお客様には、勧められるアイテムとなります。装着後には、Mスポーツ車高から前後とも15~20mm程度ローダウン出来ました!

    

    E91 335i アルピナB3ツーリング ザックスRS1車高調取り付け

ファイル 9424-1.jpg
ファイル 9424-2.jpg
ファイル 9424-3.jpg
ファイル 9424-4.jpg
ファイル 9424-5.jpg
ファイル 9424-6.jpg
ファイル 9424-7.jpg
ファイル 9424-8.jpg
ファイル 9424-9.jpg
こちらは、初ご来店のお客様のE91アルピナB3ツーリングにザックスRS1車高調の取り付けを行いました。同時にザックス製品使用にてフロントアッパーマウント、リアアッパーブッシュ、ロアブッシュの交換も行いました。外したアッパーマウントとリアのロアブッシュは、見事につぶれていて純正の車高でダウンサス程度まで車高が落ちてました・・・取り付け時には、再利用する純正部品は、綺麗にしてから取り付けを行います。ザックスRS1は、16段階の減衰調整が可能でして硬さでいうとKW以上ビルシュタイン未満のような減衰となります。コーナーでは、粘るしなやかな動きのショックが特長な車高調です。今回は、落ちていたノーマル車高から基準に5mm程度前後ともローダウンしました。

    

    F82M4 H&Rダウンサス取り付け

ファイル 9415-1.jpg
ファイル 9415-2.jpg
ファイル 9415-3.jpg
ファイル 9415-4.jpg
ファイル 9415-5.jpg
ファイル 9415-6.jpg
ファイル 9415-7.jpg
ファイル 9415-8.jpg
ファイル 9415-9.jpg
こちらは、F82M4のお客様にH&Rダウンサスの取り付けを行いました。取り付け作業においては、当店では、再利用する純正部品は、綺麗に洗浄してから取り付けしております。こちらの車両は、なかなかホイールはが外れずハブ部分の錆が凄かったのでハブ部分の錆取り、防錆処理もサービスで行いました。装着後の車高は、純正車高から15mm~20mm程度前後ともローダウンして完成です~EDC付の車両は、機能は、そのまま使用出来ます!

    
リンク集:スーパーコピーブランド,グッチ服 スーパーコピー,フェンディコピー,ウブロコピー,