記事一覧

    G23 420i i-drive地デジチューナー取り付け

ファイル 9589-1.jpg
ファイル 9589-2.jpg
ファイル 9589-3.jpg
ファイル 9589-4.jpg
ファイル 9589-5.jpg
こちらは、G23のお客様に地デジチューナーの取り付けを行いました。G23の入庫は、当店初めてです・・・まだまだG20系のカスタム作業は、少ないですね~さて純正のモニターに社外品の地デジチューナーを取り付けするには、地デジチューナー本体以外にインターフェースが必要となります。当店では、信頼性も高く市場で一番人気のa/tack製のインターフェースを使用して取り付けします。インターフェース本体、地デジチューナー本体は、見えない位置にコンソールやデッキを外してインストールします。内装部品の外し方は、BMW専用テスターにデーターがあるので作業で破損する恐れは、ありません。取り付けで見える部品は、アンテナとリモコン受信部分となりますが極力目立たないように取り付けしております。地デジの視聴は、純正モニターで鮮明に見れますよ~基本操作は、ステアリングのボタンで可能となります。

    

    F20M135i Mパフォーマンススポイラーフルセット取り付け 完成編!

ファイル 9588-1.jpg
ファイル 9588-2.jpg
ファイル 9588-3.jpg
ファイル 9588-4.jpg
ファイル 9588-5.jpg
ファイル 9588-6.jpg
ファイル 9588-7.jpg
ファイル 9588-8.jpg
こちらは、先ほどのブログの続編で完成編となります。
F20M135iのお客様にMパフォーマンススポイラー
フロントスポイラー
サイドスカート
ルーフスポイラー
リアスポイラーフィン
を全てボディ同色に塗装してから取り付けしました。
さすがの純正パーツのクオリティでフィッテング良く付きました
デザインは、控えめながら
ノーマルとは、違う感がグッドです~
フロントスポイラーは、大きさもありノーマルのデザインよりも
レーシーな雰囲気ですね!

    

    F20M135i Mパフォーマンススポイラーフルセット取り付け作業編

ファイル 9587-1.jpg
ファイル 9587-2.jpg
ファイル 9587-3.jpg
ファイル 9587-4.jpg
ファイル 9587-5.jpg
ファイル 9587-6.jpg
ファイル 9587-7.jpg
ファイル 9587-8.jpg
ファイル 9587-9.jpg
こちらは、F20M135iのお客様にMパフォーマンススポイラーのフロントスポイラー、サイドスカート、ルーフスポイラー、リアスポイラーフィンの取り付けを行いました。スポイラーは、取り付け前にボディカラーのブラックサファイヤにて全て塗装してから取り付けしました。ルーフスポイラーは、両面テープのみが通常なんですが純正の両面テープの付きが弱いので少し接着剤を少量に要所だけ点つけして取り付けしました。リアスポイラーフィンは、位置決めを慎重にして取り付け面を綺麗に脱脂してから両面テープで取り付けしてサイドスカートは、両面テープと穴あけしてプラ製のリベットで取り付けしました。サイドスカートは、フロント側の端がわりと両面テープがはがれやすいので こちらも少量ですがボンドで接着しました。フロントスポイラーは、バンパーグリル左右を外してスポイラーガイドを取り付けして位置決めしてから両面テープとビス止めで取り付けします。純正の取り付け方法も一工夫すれば より綺麗に頑丈に付きます・・・完成編に続きます。

    

    F87M2コンペティション KWハイトアジャストスプリング取り付け

ファイル 9586-1.jpg
ファイル 9586-2.jpg
ファイル 9586-3.jpg
ファイル 9586-4.jpg
ファイル 9586-5.jpg
ファイル 9586-6.jpg
ファイル 9586-7.jpg
こちらは、当店初ご来店のM2コンペティションのお客様にKWハイトアジャストスプリングを取り付けしました。KWハイトアジャストスプリングは、ダウンサスの車高調機能付きのような製品です。純正のショックを使用してスプリングとアジャスターを取り付けして車高調にするキットです。作業は、純正の脚を外してフロントは、スプリングシートを入れかえてリアは、スプリングの入れ替えとなります。こちらは、KW製のバンプラバーが付属しているので純正品と入れ替えします。取り付け時には、再利用する純正部品は、綺麗にしてから組付けしております。今回は、ノーマル車高から前後とも15mm程度ローダウンしました。

    

    F10AH5 ビープラス車③

ファイル 9585-1.jpg
ファイル 9585-2.jpg
ファイル 9585-3.jpg
またまた先ほどの車検整備ブログの続編で完結編となります。F10AH5のお客様のエアフィルター、ACフィルターを新品交換しまして同時にワイパーブレードも交換しました。こちらのメニューは、車検毎ごとの交換をお勧めしております。
ファイル 9585-4.jpg
ファイル 9585-5.jpg
ファイル 9585-6.jpg
車検キャンペーンでサービスの室内消臭除菌施工のクレベリンを行いバッテリー診断を行いBMW専用テスターにて診断を行いエラーチェック、消去、サービスインターバルリセットを行い納車前に洗車をして作業は、完了となります。

    

    F11 535i ビープラス車検②

ファイル 9584-1.jpg
ファイル 9584-2.jpg
ファイル 9584-3.jpg
こちらも先日からの車検整備ブログの続編となります。F11 535iのお客様にメンテ3点セットのビルシュタインカーボンクリーンを施工してからペトロナスエンジンクリーニングを行いビープラスオリジナルモティーズオイルターボ車用0W-40にてオイル交換を行いました。
ファイル 9584-4.jpg
ファイル 9584-5.jpg
エアフィルターは、新品交換を行いACフィルターは、簡易洗浄を行いました。
ファイル 9584-6.jpg
ファイル 9584-7.jpg
ファイル 9584-8.jpg
車検キャンペーンでサービスの室内消臭除菌施工のクレベリンを行いバッテリー診断を行いBMW専用テスターにて診断を行いエラーチェック、消去、サービスインターバルリセットを行い納車前に洗車をして作業は、完了となります。

    

    F10AH5 ビープラス車検②

ファイル 9583-1.jpg
ファイル 9583-2.jpg
ファイル 9583-3.jpg
ファイル 9583-4.jpg
ファイル 9583-5.jpg
こちらは、先日からの車検整備ブログの続編となります。F10AH5のお客様にメンテメニューで人気の3点セット ビルシュタインカーボンクリーンを施工してからペトロナスエンジンクリーニングを行いビープラスオリジナルルブロス製オイルS-TB0W-40にてオイル交換を行い同時にデフオイルもビープラスオリジナルルブロス製デフオイル使用にて交換を行いプラグの交換も行いました。

    

    本日より2022年 営業スタートしております!

ファイル 9582-1.jpg
新年のご挨拶遅れましたが
皆様!新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
ビープラス2022年 本日から営業スタートしております・・・
さて本日から当社の新規事業もスタートしております
その名は、ビープラスアウトドアレンタカー
アウトドアを始める方に役立つ軽自動車中心のレンタカーサービスを開始しました!新ホームページの方も本日からスタートしておりますのでお時間あるときに是非ともご覧ください。
ホームページアドレスは、
http://b-plus-rentacar.com
となります。アウトドアレンタカーサイトでは、ビープラスアウトドアレンタカーと私の個人のインスタグラムも見れますよ~ビープラスインスタのフォロー頂いたお客様には、ビープラス店舗でのオイル交換キャンペーン価格から更に¥1000お値引き致します~こちらの方も宜しくお願い致します。

    

    F10AH5 ビープラス車検①

ファイル 9581-1.jpg
ファイル 9581-2.jpg
ファイル 9581-3.jpg
ファイル 9581-4.jpg
ファイル 9581-5.jpg
ファイル 9581-6.jpg
こちらもF10AH5のお客様の車検整備を行いました。当店の車検整備では、前後のブレーキパッドを外して表面の洗浄を行いグリスアップしてキャリパーまわりの洗浄とキャリパーシールからのフルード滲みを点検します。ハブ部分の錆取り、防錆処理を行いホイールは、裏も表も綺麗に洗います。同時に車検毎に交換をお勧めしておりますブレーキフルードは、純正同等品のDOT4使用にて交換を行いクーラント交換は、純正品使用にて新品交換を行いました。

    

    F11 535i ビープラス車検①

ファイル 9580-1.jpg
ファイル 9580-2.jpg
ファイル 9580-3.jpg
ファイル 9580-4.jpg
ファイル 9580-5.jpg
ファイル 9580-6.jpg
こちらは、F11 535iのお客様の車検整備を行いました。当店の車検整備では、前後のブレーキパッドを外して表面の洗浄を行いグリスアップしてキャリパーまわりの洗浄とキャリパーシールからのフルード滲みを点検します。ハブ部分の錆取り、防錆処理を行いホイールは、裏も表も綺麗に洗います。今回は、フロンドパッドの残量が少ないので低ダストタイプのディクセルタイプMにて交換を行いました。同時に車検毎に交換をお勧めしておりますブレーキフルードは、純正同等品のDOT4使用にて交換を行いクーラント交換は、純正品使用にて新品交換を行いました。

    
リンク集:スーパーコピーブランド,グッチ服 スーパーコピー,フェンディコピー,ウブロコピー,