記事一覧

    M4デモカー DCTフルードクーラー取り付け

ファイル 6924-1.jpg
ファイル 6924-2.jpg
ファイル 6924-3.jpg
ファイル 6924-4.jpg
ファイル 6924-5.jpg
当店デモカーM4に待ちに待ったDCTフルードクーラーの交換を行いました・・・ドイツ製品で3カ月くらい待ちました
純正のクーラーは、容量が小さくて役に立ってるかどうか疑問な感じでサーキット走行時に早く改善したいな~と思っていたので高額なんですがお取り寄せしてみました。M4は、ラジエター×3 そしてインタークーラーラジエターとオイルクーラー、ミッションフルードクーラーと付いてます。バンパー外すとその形状も見えます・・・オイルクーラーは、真下にDCTフルードクーラーは、ラジエターの下についてます。デモカーM4は、サーキット走行用にメインのラジエターとインタークーラーラジエターは、日本のメーカーでワンオフしていて大型化しております。サーキット走行では、水温は、全く気にすることなく走れます。ですがDCTフルードの温度は、前から心配でオーバーヒートで制御が入ることもありました。フルードで改善を試みましたがほぼ改善は、無く むしろ熱が上がる一方の状況です。そこでレース車両用のパーツを作っているメーカーの製品を見つけてドイツよりお取り寄せして取り付けに至る感じです。取り付けは、ボルトオン的と聞いていましたが切った貼ったの加工は、あります。問題なく付きましたが 時間かかりました(汗)そしてフルードのサーモスタットも無くしてフルード温度は、恐ろしく低くなりました・・・これは、テスト走行が楽しみです~