記事一覧

    F36 420i ボディコーティング ラスターコート施工

ファイル 9987-1.jpg
ファイル 9987-2.jpg
ファイル 9987-3.jpg
ファイル 9987-4.jpg
ファイル 9987-5.jpg
ファイル 9987-6.jpg
ファイル 9987-7.jpg
ファイル 9987-8.jpg
こちらは、先日のブログの保険修理作業で入庫しましたF36 420iのお客様にボディコーティングのラスターコートプレミアムを施工しました・・・当店のホームページのコーティングメニューには、無い裏メニューの最高級のボディコーティングを施工しました。ラスターコートとは、2液2層構造のガラスコーティングとなります。シリコンベースの撥水基がベース層とがっちり結合して長期間 強い撥水性能を発揮します。コーティング粒子が小さく塗装面の深く細部まで浸透するのも長い間 効果が体感できるのも特長となります。施工は、当店提携の専門業者が当店の工場で施工致します。作業は、洗車からスタートしてトラップ粘土で塗装面の鉄粉除去を行い下地処理のスタートとなります。下地で数種類のポリッシャー、バフを使用して磨いていきます。下地処理が完成したら2液のコート剤を塗り乾燥して仕上げ作業をして完了となります。完成後の輝きは、半端ないです!こんなに艶があったのかと思えるほど輝いてます・・・驚くのは、艶だけでなく雨が降った時の撥水でしょうね~ちなみにコーティング施工してある車両で施工証明書がある場合は、保険修理において塗装した部分には、コーティング施工の部分施工も保険会社に請求が出来ます(有効期間にもよりますが)こちらのお客様は、修理部分以外の料金を頂いて施工しました。

    

    なぜ、「コーラリング」は愛されるのか?

ファイル 9986-1.jpgファイル 9986-2.jpgファイル 9986-3.jpgファイル 9986-4.jpgファイル 9986-5.jpgファイル 9986-6.jpg

なぜ、「コーラリング」は愛されるのか?

ペプシリング」といえば、まず思い浮かぶのはロレックスGMTの赤と青のリングだろう。 現在のロレックス市場では、赤と青のカラーリングの「コークリング」のスチール製を手に入れることは非常に困難です。 ペプシサークルは、マーケティングや誇大広告のために入手しにくいだけでなく、時計自体の製造工程にも関係しています。 すでに手に入れた方は、ロレックスコピー代引きの確かで革新的な技術と感傷的な歴史の証として、ぜひ大切にしてください。


"コークリング "の誕生


1955年、ロレックスはパイロットのニーズと航空黄金時代の発展に対応した時計、グリニッジⅡを発表した。 初代は、文字盤の円が2つに分かれていて、赤は昼の時間帯、青は夜の時間帯を象徴していました。

1995 - グリニッジモデル(ツートンカラーのプレキシガラス)24時間スケールベゼル


コーラ・サークル」イノベーション

2005年、ロレックスはそれまでのアルミニウム製リングをセラミックに置き換えるという革新的な技術で、一体型のツートンカラーセラミックベゼルを完成させた。 セラミック部品で2色を作るのは容易ではないため、ロレックスは当初、単色のセラミックベゼル部品を導入したが、赤と青の「コークリング」を再現する計画をあきらめることはなかった。

一般的に、色は鉱物顔料から形成され、セラミックに着色するためには、高温での焼成に耐える必要があります。 セラミックスは、高温で焼くことで初めて緻密で硬いものになるのです。 しかし、赤色自体は安定した鉱物顔料ではないため、セラクロム成分を形成することは困難である。

ロレックスの技術者たちはこの課題に直面し、イノベーションを起こし続け、ついに解決策を見いだした。 通常のセラクロムベゼルの製造工程に、革新的な着色工程を加えたのだ。 赤を青に変える特殊な化合物溶液を開発したのだ。 その後、1600度以上の高温で焼成され、その間にセラミックは緻密化し、添加された化合物が赤いセラクロム環の基本元素と反応するのです。 その結果が、最終的なブルーの色合いとなる。

そしてついに2014年、ロレックスは赤と青のセラクロムベゼルを備えたGMT IIのホワイトゴールドモデルを新たに発表した。 この時計は、高い技術力と1955年のオリジナルモデルのクラシカルな美しさを兼ね備えています。 この色の組み合わせはセラミックでは作れないと思われていたので、この赤と青の「ペプシリング」モデルは、すべての時計愛好家にとって夢のようなモデルです。


ロレックス GMT II ホワイトゴールド (Ref. 116719-BLRO)


2018年のGMT IIコレクションでは、5つのパーツからなるオイスタースチールの記念ストラップと赤と青のセラクロムセラミックベゼルを組み合わせ、赤と青のオイスタースチール版「コークリング」ウォッチを初めて発表します。 この記念ストラップは、それまでGMTに使われていたオイスターブレスレットに代わるもので、ホワイトゴールド製との区別を可能にするものでもある。

ロレックス GMT II オイスタースチール (Ref. 126710BLRO)

ロレックスの「コークリング」が人気の理由がわかりますね しかし、みんなが大好きなペプシリングですが、誰でも使えるとは限りません。 では、どうすれば欲求を満たすことができるのか。 他のブランドの赤と青のカラーリングを見て、救いを求めてみよう!

チュードルベイ


TUDOR BAY (Ref: M79830RB-0001)

バーゼルワールド2018では、TUDORのアイコン的コレクション「ベイサイド」から、通常の場所以外に2つのタイムゾーンの時刻を表示するグリニッジタイプの新作が登場!41mmのブラッシュドスチールケースとブラックドーム型ダイアルにTUDORの定番「雪の結晶」の角型針が特徴です。 24時間計を備えたステンレススチール製の両方向回転ベゼルを装備しています。 TUDORオリジナルムーブメントMT5652を搭載し、パワーリザーブは約70時間です。 鮮やかで個性的なレッドとブルーのマットカラー(アルミニウムリング)が特徴的なビジュアルを演出しています。

セイコーPROSPEXコレクション


Seiko PROSPEX Collection (Ref. SRPA21J1)

エントリーウォッチの中でも闘志を燃やす、セイコーPROSPEXコレクションのダイバーズウォッチで、2016年にセイコーと国際プロフェッショナルダイビング団体PADIが共同開発したモデルです。 ステンレススチール製で、44mmのアワビ型ケース、自動巻きムーブメントを搭載し、200m防水を実現しています。 なのに、一般価格はたったの3,600円! 赤と青のベゼルを持つ、これほどコストパフォーマンスの高いダイバーズウォッチに魅了されないわけがない。


しかし、「コーラサークル」と呼ぶには物足りない。コーラが好きだから赤と青を愛でるというわけではない時計愛好家もいるからだ。 バルサがあるからこそ


コーラサークル」の腕時計は人気が高く、購入が非常に困難です。 その理由は2つあります。 赤と青のベゼルの配色は、認知度が高く、若々しくスタイリッシュで流行に左右されにくいため、鮮やかな色を扱える多くのファッション愛好家を惹きつけています。 2つ目は、ブランドの影響力です。 ロレックスコピー、チュードル、セイコーなど、いずれも品質に定評のある有名時計ブランドですから、安心して購入でき、安心して身につけられ、見栄えのするものを選ぶのは自然なことでしょう。 ペプシサークル」は好きですか? 赤と青の配色以外に、どのような色がお好みですか?

    
リンク集:スーパーコピーブランド,グッチ服 スーパーコピー,フェンディコピー,ウブロコピー,