記事一覧

    パテックフィリップの新世代メインムーブメントを解説する

ファイル 9971-1.jpgファイル 9971-2.jpgファイル 9971-3.jpgファイル 9971-4.jpgファイル 9971-5.jpgファイル 9971-6.jpg

パテックフィリップの新世代メインムーブメントを解説する

今年のパテックフィリップスーパーコピー 代引きの新作は、「グリーングレネード 5168G」「ウィークリーカレンダー 5212A」「マニュアルクロノグラフ 5172G」「エナメル ワールドタイマー 5231J」など、すでにご存知の方も多いことでしょう。 これらの新しい時計は、発売以来、多くの注目を集めています。 しかし、パテックフィリップの今年の新作には、見過ごされがちな非常に重要なディテールがあるのです。 パテック・フィリップは今年、メイン・ムーブメントを大幅に技術改良し、324ムーブメントのアップグレード版であるキャリバー26-330を発表しました(直径26.6mm、厚さ3.3mmを表します)。 つまり、パテックフィリップのメインムーブメントのアップデートが行われる可能性が高いのです。 また、パテックフィリップは以前から330という番号のムーブメントを持っており、区別のために26を加えて26-330という番号を使ったのだと思います。

パテックフィリップの新キャリバー26-330を搭載した「パテックフィリップ5212A パーペチュアルカレンダー」。

パテックフィリップのメインムーブメントに3つのアップグレードを施しました。

パテックフィリップのメインムーブメントは、ノーチラス、グレナディア、カラトラバ、コンプリケーションウォッチまで幅広いPPモデルに採用されているおなじみの自動巻きキャリバー324となった。 315から324、26-330まで、以下のように。

パテック・フィリップ・キャリバー315、1984年から2005年まで、毎時21,600振動、ダブルアーム・スポークテンプホイール、8ウエイト微調整機構。

パテック・フィリップ・キャリバー324、2004年から現在まで、28,800振動/時、4アーム・スポークテンプ、4ウエイト微調整機構。

パテック・フィリップのキャリバー26-330、2019年発売予定。

パテックフィリップのキャリバー315(上)とキャリバー324(下)、両者のディテールの違いにご注目ください。

315、324、26-330と、パテックフィリップは先代から徐々にグレードアップしています。3つのムーブメントは一見よく似ていますが、大まかにはテンプやヒゲゼンマイなどの部品がグレードアップし、細かいところではムーブメントの振動数や歯車の形状が変化しています。 パテックフィリップ5212Aウィークリーカレンダーに今年採用された新キャリバー26-330は、324をベースに開発されました。 26-330ムーブメントでは、パテックフィリップは324ムーブメントにはない技術をいくつか採用し、ムーブメントの性能をさらに高めています(先ほどムーブメントの大きさに言及しなかったのは、同じムーブメントでも機能バージョンによって大きさに違いがあるためです)。

パテックフィリップの新作「26-330」はどんなムーブメントですか?

パテック・フィリップの新キャリバー26-330(5212A パーペチュアル・カレンダーバージョン)は、サイズ27mm、厚さ4.82mm(パーペチュアル・カレンダー・モジュール搭載)、45時間のパワーを備えています。 採用された新技術は以下の通りです。

パテックフィリップの新しい自動巻きムーブメント26-330。

まず、最も見た目で分かるのは、新キャリバー26-330のローターの形状が324キャリバーとは明らかに異なっていることだ。26-330ではローターの中心軸に、324キャリバーにはないルビーベアリングが採用されている。 新型ムーブメント26-330も逆回転防止機構を搭載していますが、このムーブメントには新しいクラッチギア(要するにローター反転機構の改良で、パテックフィリップの特許技術です)が採用されています。 巻き上げ方向は、自動巻きトゥールビヨンが正常に巻き上げられ、アイドリング方向は、自動巻きトゥールビヨンから巻き上げが分離された状態となります。 同時に、手巻きで時計を巻き上げると、手巻き輪列も自動巻き機構から切り離されます。 皆さんは遭遇したことがあるかどうかわかりませんが、手巻きをすると自動巻きのトゥールビヨンも一緒に回ってしまうことがあります。 26-330は手巻き時に自動巻き機構と分離することでこの現象を防止し、自動巻きの効率と寿命を向上させることができると考えています。

パテックフィリップの新型ムーブメント26-330(上)と324(下)、両者のディテールの違いにご注目ください。

次に、新キャリバー26-330は、ムーブメントの歯車の形状をさらに改良しています。 パテックフィリップのムーブメントで重要な技術的ディテールは、歯車の歯の形状である。 機械式時計は、香箱→三番車→四番車→ガンギ車と段階的に4段加速するのが基本なので(1つの歯車が他より速く回る)、この段階的な加速の間にトルクが段階的に大きく低下し、時計のバランスが常に変動して不安定になるのである。 この原理から、機械式時計は理論上、右肩上がりにならないのですね。 パテックフィリップは、歯車の歯の形状を変更することで、動力伝達時のトルクの変動を抑え、動力伝達効率を向上させている。

写真中央には、新開発のニッケルリン合金製トリプルホイール「LIGA」の一部が写っています。

新キャリバー26-330では、パテックフィリップはLIGA(フォトエッチング)技術を使って、新しいニッケルリン合金製の三輪車を作り上げた。 新しい第3の車輪は、歯が開いた非常に特殊な歯形をしています。 高密度に配置された歯は、まるで金属製のブラシのようです。 同時に、パテックフィリップの公式発表では、各歯に22ミクロンのバネがあるとされています。 個人的な感覚ですが、歯の一本一本は、先が開いている小さな柔軟なリードのようなものだと思います。 3輪の新設計は、4輪にパワーを伝達する際に安定したパワーを保ち(秒速)、出力効率を高め、トルクロスを低減するという大きな効果があります。 パテックフィリップの公式見解では、秒針の「ジッター」を防止するためのものです。

パテックフィリップ5212Aの下に搭載されたキャリバー26-330。

3つ目は、パテックフィリップの新作「26-330」がストップセコンド機能を搭載していること。 パテックフィリップのキャリバー324には、ストップセコンド機能がないことが分かっています。 正直なところ、パテックフィリップはなぜ324ムーブメントにストップセコンドを付けなかったのか、ずっと不思議に思っていました。 秒を止められないということは、分単位に時計を合わせるのが難しいということです。 そして、新世代の26-330ムーブメントでは、ストップセコンド機能が搭載されました。 これまで秒を止められないことが多かったパテックフィリップにとって、これは大きな変化である。

パテックフィリップ 5212A ウィークリーカレンダーウォッチ

時計が正確かどうかということは、時計を買い足していくとあまり気にならなくなりますが、私が非常に納得しているブランドが3つあります。 パテックフィリップ、ロレックス、オメガ、この3つのブランドは、誰もが知っているように、クロノメーター以上の独自の計時基準を持ち、あえてその看板を出しているのです。 パテックフィリップホールマーク標準毎日誤差-3/+2、ロレックススーパークロノメーター毎日誤差-2/+2、オメガ完璧クロノメーター毎日誤差0/+5。 ロレックス、オメガ計時基準は非常に高いです、私は理解して、ロレックスとヨーロッパが主な機械技術性能、正確かつ耐性があるからです。 ロレックスやオメガのムーブメントは、サイズも厚みも大きい。 一方、パテックフィリップコピー 代引きは、324/26-330ムーブメントの厚さがわずか3.3mm、ウィークリーカレンダーモジュールを加えても26-330ムーブメントは4.82mmで、ロレックス31/32系ムーブメントの6mm厚よりはるかに薄く、ファインクラフトマンシップ路線を歩んでいると、とても印象的だと思います。 これだけ薄いムーブメントで-3/+2の誤差が出るというのは、本当に説得力がありますね。

    

    E39アルピナB10 バキュームライン交換作業

ファイル 9970-1.jpg
ファイル 9970-2.jpg
ファイル 9970-3.jpg
ファイル 9970-4.jpg
ファイル 9970-5.jpg
こちらは、車検リピーターなお客様のE39ツーリングアルピナB10のお客様の修理作業を行いました。今回は、ベンチレーションホース、バキュームホース、プレッシャーバルブ、チェックバルブ、クランクベンチレーションホースと主にエンジンまわりのゴムホースの交換を行いました。部品を特定して部品番号を調べて本国取り寄せで色々ありまして部品手配が大変でした・・・届いたら全く違うパーツだったりアルピナ車体番号で注文してみたらBMW車体番号の部品番号が正しかったりでアルピナパーツは、注文に一苦労なんです(汗)部品が揃いましたらお預かりで入庫で作業を進めていきます・・・インマニ外してホースやバルブを付け替えていきます。経年劣化によるゴムホースの破損やプラ製品のチェックバルブは、トラブルのもとになりますからね~
ファイル 9970-6.jpg
ファイル 9970-7.jpg
ファイル 9970-8.jpg
チャコールキャニスターとフューエルフィルターは、経年劣化による予防整備で新品交換を行い最後にBMW専用テスターにてエラーチェックを行い最終の確認をして作業は、完了となります。

    
リンク集:スーパーコピーブランド,グッチ服 スーパーコピー,フェンディコピー,ウブロコピー,