記事一覧

    F48X1 ブレックスキセノンフォグ取り付け

ファイル 7143-1.jpg
ファイル 7143-2.jpg
ファイル 7143-3.jpg
ファイル 7143-4.jpg
こちらは、F48X1のお客様にブレックスキセノンフォグイエローの取り付けを行いました。ユニットも小型化されていて取り付けもスマートに出来て明るく実用的なキセノンフォグとなります。価格も安心価格となります!

    

    F80M3 M4GT4ブレーキダクト、カナード取り付け完成編!

ファイル 7142-1.jpg
ファイル 7142-2.jpg
ファイル 7142-3.jpg
ファイル 7142-4.jpg
ファイル 7142-5.jpg
ファイル 7142-6.jpg
ファイル 7142-7.jpg
こちらは、先日からのブログの完結編となります・・・
F80M3の常連様なお客様にM4GT4ブレーキダクト、カナードの取り付けを行いました!BMW純正のレーシングパーツなのでクオリティも高くフィッテングよく綺麗に付きました。フロントのダウンフォースは、最高に良さそうです~ブレーキダクトも機能的かつ美しいデザインです~フロントフェイスは、迫力あり過ぎて後ろからきてルームミラーに映ったら即 道を譲ってしまうほどですね・・・これでFSW ラジアル1分52秒は、間違いなしです!!!

    

    F80M3 M4GT4ブレーキダクト、カナード取り付け②

ファイル 7141-1.jpg
ファイル 7141-2.jpg
ファイル 7141-3.jpg
ファイル 7141-4.jpg
ファイル 7141-5.jpg
ファイル 7141-6.jpg
こちらは、昨日のブログの続きとなります・・・
M3の常連様なお客様に・・・レーシングパーツM4GT4ブレーキダクト、カナードの取り付けを行いました。ブレーキダクトは、ホースを引くのでダクトを付けて終了では、ありません。ダクトを購入するとホースは、付いてきます。GT4に装着しているホースと同じ部品で実際のレースでも使用されている部品です。ダクトに固定してからブレーキローターまで取り付けします。ブレーキローター側の部品は、付属では、ないので作るしかありません。せっかく作るなら綺麗に耐久性のある素材でと・・・アルミ製のファンネルを用意してローターカバーに綺麗に穴あけしてボルト、ナットで固定しました。かなり冷却効果は、期待出来ますね~
ファイル 7141-7.jpg
ファイル 7141-8.jpg
同時にお客様のリクエストでMパフォーマンス製サイドスポイラーM2用を加工してM3に装着してみました!タイヤとツライチになるよう位置決めして工夫して取り付けを行いました

    

    アルピナB3 12カ月点検②

ファイル 7140-1.jpg
ファイル 7140-2.jpg
ファイル 7140-3.jpg
ファイル 7140-4.jpg
ファイル 7140-5.jpg
ファイル 7140-6.jpg
ファイル 7140-7.jpg
こちらは、アルピナB3のお客様の12カ月点検を行いました。まずは、ビープラスオリジナルルブロス製オイルGT0W-30にてオイル交換を行いました。12カ月点検においては、キャリパーまわりの洗浄、シールの点検、パッドは、外して洗浄とグリスアップを行います。同時にハブ部分の錆取り、防錆処理を行いホイルを裏も表も綺麗に洗います。
エンジンルーム内の点検でエアフィルター、ACフィルターの汚れを点検して汚れていたら交換、もしくは、洗浄を行います。オイル漏れの点検やクーラントの液量点検、ベルトの状態を見たらリフトアップして下回りの点検でオイル漏れやミッションフルードの漏れ、デフオイルの漏れ等を点検して脚関連のブッシュの状態の確認と社外品の場合は、増し締めを行い最後にBMW専用テスターISTAにてコンピューター診断を行いエラーチェック、消去、サービスインターバルリセットを行い作業は、完了となります。

    

    アルピナB3 12カ月点検①

ファイル 7139-1.jpg
ファイル 7139-2.jpg
ファイル 7139-3.jpg
こちらは、アルピナB3のお客様の12カ月点検作業を行いました。点検作業以外でコーディングによるDRL化を行いまして・・・
ファイル 7139-4.jpg
ファイル 7139-5.jpg
ファイル 7139-6.jpg
同時に現在大ブレイク中のスナップオンACガスクリーニングを施工しました。施工後のAC吹き出し口温度は、2度近く下がりました!スナップオンACガスクリーニングは、¥10800にて施工可能です!